2019年2月4日月曜日

立春のスピリチュアルな意義

昨日は節分の日でしたが、今日は立春となります

立春とは春の訪れがこれからやってくるという日です

立春にはスピリチュアル的にも、あらたな年のはじまりの時期であり、厳しい冬から春の訪れを迎えて、新規一転する時期でしょう

あらたな時期を迎えるわけですから、浄化をしてよくないものを落とし、デトックスして迎えていくのがいいでしょう

今までに溜まっていてネガティブなものを落として、新たな時期の幕開けを迎える良い時期になります

そのためにまずは、お部屋やお家のお掃除をするのもいいでしょう

年末には大掃除する習慣がありますが、立春もかつては新年としてとらえられてきた時期もありますので、同じように汚れを落とすといいです

古い汚れを落として、新たな時期を迎えるという事ですね

そして身体のデトックスもあげられます

デトックスとは、溜まている毒を出すという意味があります

私たちの身体にも、毒素が溜まっていることがあるので、そちらを排出するようにします

身体に溜まった有害物質などを排出する作用がある食材として、以下のものが言われます

有害物質の体外への排出を促す食材として食物繊維を多く含むリンゴやごぼう、きのこ類、海藻類があります

そして全身をマッサージすると、身体の中に溜まっていたものを、リンパや血液の流れにもどして、体外へ排出させる効果があります

ほかには、お風呂に浸かったり、半身浴をすると、発汗作用によって体に溜まっていたものが排出される効果があります

このように身体のデトックスも心がけるとよいでしょう

さらにもっと大切なのは、心の中のデトックスをすることで

自分の思いを振り返って、心に毒を出していないか点検し、反省して浄化していくことです

心を綺麗にしてあらたな時期を迎えるといいですね

関連記事



0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます