2019年2月8日金曜日

亥年に豚コレラの広まる霊的意味

日本で豚コレラが流行しています

去年の9月から、岐阜県の養豚農場において、平成4年以来26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認されました



その後、豚コレラは広まりを見せて岐阜県、愛知県、長野県、滋賀県、大阪府の5府県で発生が確認されています

この広まりの原因には野生の猪が感染し、猪は野山を自由に駆け回りますから、それで各地に感染が広まったところがあるでしょう

豚コレラは、豚やいのししが感染する病気で、強い伝染力と高い致死率が特徴です

なお、豚コレラは豚、いのししの病気であり、人に感染することはなく、仮に豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べても人体に影響は無いとの事です。念のため

今年は亥年であり、十二支では猪の年とされています

亥年にあたって豚コレラが日本で流行をみせるのは意味深な感じを受けます

前回流行のあった平成四年は、バブル景気がはじけた後で、景気が悪くなっていましたが、まだ世間にはすぐに景気も戻るだろうという楽観的な見方が多かったと思います

しかしその後はどんどん悪化して行き、就職氷河期と呼ばれる時代を迎えます

その時期の豚コレラの流行は、先行きの厳しさを暗示していたように思います

今回も豚コレラが流行していますが、先日も書きましたように、やはり厳しい状況が訪れる予兆のように思われます

あるいは警鐘といってもいいでしょう

ですので身を引き締めて当たっていくべきでしょう

関連記事




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます