2018年3月18日日曜日

環境破壊による人類の危機・人工知能の暴走・宇宙人の襲撃など警鐘を鳴らしたティーブン・ホーキング博士


車椅子の天才物理学者として有名な、イギリスの宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士が先日お亡くなりになりました


博士は物理学の問題だけではなく、様々な人類の危機について警告を発していたことでも知られています

ひとつには、人工知能の研究開発を進めていくと、やがてそれらは自己進化していき、人類を脅かすような存在になるだろうと述べました

これはシュワルツェネッガーさんが、人工知能のアンドロイド役を演じた映画の「ターミネーター」の世界観に近いものですね

「ターミネーター」では近未来に、人工知能が暴走して、人類を滅ぼそうと動き出し、人とAIとの戦いが起こっている話しです

博士はそうなることを警告しています

他にも、核兵器や遺伝子操作による新型のウイルスの誕生、温暖化などの環境破壊によって、人類はやがて地球に住めなくなるという話をしています

そのため、別な惑星への移住を進めなくてはならないと述べました

実際にケンタウルス座アルファ星系への惑星に、人が移住できるかの調査船を出す計画を考えました

調査船に地球側からビームを照射することで、それを推進力に変え、光速の5分の1の速度で飛ぶ船を飛ばそうとアイディアを語っています

さらにホーキング博士の警鐘として、宇宙人と交信しようとするなという警告がなされています

それは高度に科学技術の発展した宇宙人には、我々人類は劣った生物に見えて、かつて白人が有色人種を奴隷としたように、宇宙人によて人類が奴隷とされてしまう可能性を危惧してのことでした

ほんとうは多くの宇宙人が、すでに地球の事を認識しています

博士の危惧するように、実際に凶暴な宇宙人というものも存在しますが、宇宙にはそれらと対抗して、地球には手を出させないように活躍している宇宙人もいるため、地球は守られています

以前にもブログで取り上げたことがありますが、ホーキング博士自身が、元は別な星から来られた魂なのだろうと思います

もともといた惑星が、侵略的な宇宙人によって攻撃され、そこから逃れて地球へと降り立ったようです

そうした過去の記憶から、凶悪な宇宙人への警告が出てきているのでしょうね


関連記事



1 件のコメント:

  1. ホーキング博士は質の高い研究を長年継続された、その探究心には驚きと尊敬しかありません。
    ただ、結構大きな間違いもされているので、博士の予想を全てを信じる必要はないと思います。

    でもAIに関しては、既にスマホ等に頼りすぎて家族の電話番号さえ覚えていません(汗
    まだ仮定ですが、生活が便利になるにつれて脳のサイズが小さくなっているという研究もあるそうで、それ!私に当てはまると(大汗

    人間の遺伝子配列は、地球上の重力によって決定されているので、重力の違う場所に住む事は遺伝子の配列が変わる、すなわち人類の未経験の新しい疾患が発生するので、長い期間をかけて臨床結果の無い疾患をどう対処するのか、大きすぎる問題と懸念されています。
    だから簡単ではないでしょう。

    でも博士のあの衰える事の無い、高い探究心に嫉妬する程羨ましく、尊敬に値する方だったと。

    寂しくなります。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます