2018年3月13日火曜日

森友文書の書き換え問題のスピリチュアルな意味


森友学園への国有地の売却に関する文章で、財務省で書き換えや削除が行われた問題が、連日のニュースになっています


消された内容としては、安倍晋三首相の妻昭恵さんの名前や、複数の政治家の名前が削られていたとされています

 それで森友への国有地売却について、安く譲ったのは「忖度」が働いていたのではないかと疑惑が再燃しています

現在は財務省の役人が勝手にしたこととされ、担当者のなかには自殺者まで出てしまっています

これは昨日のイジメ問題でも取り上げたような出来事が含まれているでしょう

ドラマの『半沢直樹』のセリフにも「部下の手柄は上司のもの。上司の失敗は部下の責任」というものがありました

これは銀行だけではなく、大きな組織ではよく見られる傾向で、役所と政治家にも言える事なのでしょう

政治家の名前や、首相夫人の名前を削除するのは、彼らを害から避けるための配慮であったはずです

役人としては、政治家から口を挟まれずに、仕事をこなすのが良いはずですが、色々と政治家が言ってくるのを忖度しなくてはならないため、業務に支障をきたすこともあるでしょう

そうした政治家の意向を忖度して、仕事を進めさせられた挙句に、トカゲの尻尾切りのように、役人が勝手にやったことと責任をなすり付けられて、切り捨てられてはたまったものではないでしょう

やはり学校関連でも、現政権に親しいところは優遇され、距離のあるところは冷遇される措置がなされていたはずです

安倍首相については、その後に相応しい人がいないため、あまり厳しい批判はしていませんが、冷遇された側からすれば、批判や恨みの念を持たれるでしょう

そして仲間内であっても用が済んだり、邪魔になってくると捨てるような扱いをしていては、恨みを待たれるはずです

そうした念によって、自らの足を引っ張られないように注意された方が良いですね


関連記事



4 件のコメント:

  1. 安倍昭恵という人は首相夫人でありながら慎重さや思慮深さが足りない人なのではないでしょうか?
    森友の籠池夫妻などに利用されてしまったことは勿論のこと、このような騒ぎになっても自身のFBの更新に余念がないとか批判勢力を非難する書き込みに「いいね!」ボタンを押していた?などと聞くと、なぜこんな人が首相夫人なのだろうかと首を捻ってしまいます。
    このような時期に自分がどう行動するべきなのか、しないべきなのかが全く分かっていないというか・・安倍首相もこの妻を全くコントロールできていないように感じてしまいます。
    せめてSNSなどの利用は控えておとなしくしているべきなのではないでしょうか?

    返信削除
  2. 上のコメントを書いた者ですが、それにしてもマスコミの報道は常軌を逸しているところもありますね。
    特に朝日新聞系列はとにかく安倍氏のクビを取りたくて仕方ないのでしょうね、安倍氏の批判勢力は徹底的に持ち上げ安倍氏は徹底的に叩く。
    公平中立な報道などどこにもありません。
    NHKも偏っていますね。
    国民から半強制的に受信料を取り上げているのに公平中立な報道、放送を行っていないのは問題です。
    マスコミが恣意的な報道を行って政治・政局の動向を左右するようなことがずっと続いています。
    テレビには正しい情報はあまりないと思っていたほうがいいですね。
    最近はもう(いや、以前からか)「国民を洗脳するための道具」と化しています。

    返信削除
  3. 上記の方のコメントに全く同感、ほんとその通りです。

    返信削除
  4. わたしも上記のコメントに同意します
    安倍政権になってから、くだらない法案が可決されそうで不安で仕方ない
    残業代ゼロ法案とかよくそんな言葉出てくるなとびっくり
    麻生大臣も最悪すぎる
    好きになれません
    きっと安倍政権はお金に汚い方々が集まっていろんな賄賂もらってるんでしょうね
    安倍昭恵さんというひとは、そういう悪い者たちを引き寄せてるならご本人も低レベルなんでしょうね

    マララさんとかマザーテレサ級の人が政治家や政治家の妻になればいいのに
    お金に欲深い人たちが政治家になりたがり関わりたがるんでしょうねきっと

    小泉政権の時は良かったなぁ・・・しみじみ

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます