2020年11月24日火曜日

この世に生まれてくる霊的理由|地にもたらされた光の意味 スピリチュアルメッセージ


 人がこの世に生まれてくるのは、愛を知り、愛を学ぶため。

 肉体を持った世界とは、暗くジメジメとした洞窟のように見えます。


 暗き洞窟のうちで、ある者は疑心暗鬼に襲われ、他人の影を自分を害せんと見て攻撃してみたり、逃げ惑ったりし、ある者は闇に脅え、寒さにふるえています。

 彼らを哀れにおもって天の父は洞窟にも天の光をもたらされました。

 光は闇を照らし、人々の心を暖めます。

 舞い降りたひとつの光は人々のうちにある心のローソクに点火いたします。

 いくら点火し分け与えてもその炎は消えることなく、次々と光を増やし、洞窟を照らしてゆくのです。

 この光こそ、天の父が自らの代わりに地上にもたらした愛であるのです。

 愛は手に取りその存在を示すことは出来ませんが、確かに人々の心を暖め、その思いは人から人へと伝わっていくものです。

 愛を通して人は天の父の存在を感じ取り、明日を生きる力を得ます。



ブログランキングに参加しています。↓金色の星の画像を一日一回、応援クリックいただけたら幸いです


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事



2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

愛とは与える物。与え合う物。
自分は逆に愛を奪ってはいないだろうか。

周りに要求ばかりしていないだろうか。
思い通りにならずに、不満ばかり漏らしていないだろうか。愚痴ばかりになっていないだろうか。愛を押しつけて見返りを求めていないだろうか。

正当な要求は、それはそれで大事なこと。

その判断の物差しとなるモノが、私は正しき法の教えと信仰だと思っています。
日常において日々精進です。

匿名 さんのコメント...

私たちは、様々な形の"愛"のエネルギーで生きられているのですね。
今日も、愛を、光を、ありがとうございました。