2022年1月5日水曜日

コロナは今後どうなっていくのか?



昨年末までは、日本ではコロナがだいぶ抑えられており、多くの人たちは久しぶりの帰省や、忘年会など、日常を取り戻しつつあったと思います

ですがここにきてオミクロン株による市中感染が起こっています

昨日は全国で千人を超える感染者がでたとのことでした

はたして、また感染の波がやってくるのか、それともこのまま収束してくれるのかと、先行きを考えているのではないでしょうか

私の住む沖縄の感染状況などを観ましても、オミクロン株の感染拡大は急速で、あっという間に倍々で増えていくような印象を受けます

おそらくは時間差で、東京や大阪などの首都圏などでも、同様な感染拡大を迎えるものと思われます

先行して沖縄で広まりを見せていますが、やがては別な都道府県にも広まっていくはずです

ですので、そうとうはやい速度で、感染の広まりが今後起こると思われます

しかも、ワクチン接種を二回とも済ませた人の方が、感染しやすいという研究発表があります

いろんな国から報告されているデータでも、このオミクロン株は、ワクチン接種を済ませた人がかかっていますので、効果は薄いとは思われていました

スクールでも紹介していますが、未接種者よりも、ワクチン接種した人の方が多くかかっています

むしろ未接種のほうがよかったのです

ですので、日本でも今後、ワクチン接種者を中心に、オミクロン株が広まっていくでしょう

ただ、幸いなのは、オミクロン株は、従来株よりも重症化しないという事です

かかっても軽症で済む可能性が高くなります

と言っても、以前に紹介しましたように、オミクロン株は免疫細胞を破壊してしまう力が高まっているようです

つまり感染すると免疫力を落としてしまいます

そうした問題はあります

昨年夏にはデルタの登場で第五波がやってきましたが、今回はオミクロン株による第六波がくるでしょう

そして残念ながら、これで終わらずに、また新しい変異株が登場し、将来の感染の波を引き起こすと思います

このように何度も感染が収まったり、増えたりして、波を作っては、繰り返していきます

これは今頃言っている人もいますが、こちらではパンデミックを起こすころに、すでに警告していたことではあります

すぐに終息はしないこと。何度も波を繰り返して襲ってくるなどを言っておりました

これからも感染の波は続くと思われますが、いまも経口治療薬が出てきたように、コロナへ対処する薬が出てきて、それで人間と共存するようになってくると思います

コロナに罹っても、治療薬を飲めば重症化するのはまれとなり、インフルエンザ並みの扱いになってくるでしょう

ワクチンにつきましては、以前から警告していました通り、これから何度も接種が進む事で、健康被害も拡大していき、社会問題となってくるでしょう

そういうことで、コロナはまだ新たな変異株も登場してきて、感染の波が続くと思いますが、治療薬の登場によって、それほど怖い病気では無くなっていくでしょう

それまで今しばらくはコロナ騒動も続くのではないかと思います

0 件のコメント: