2014年6月25日水曜日

愛する者との別れの前世 愛別離苦



ある男の子の話

早くに父親を亡くして、母親の手で育てられました

その子供は10歳くらいで母親から離されました


母親が再婚するために、子供がいては不都合だったからです

その男の子は、すこし変わった特徴を持っていました

言葉を話すことがほとんど無く、人とのコミュニケーションがほとんど取れないのです

母親も、この子は愛情をあまり感じていないのかもしれないっと考えたため、手放す決意をしました

ですが、その子は、表現が出来なくても、心の中では母親がとてもとても大きなウェートを占めていました

愛情をうまく表現する能力も無く、伝えることも出来ませんでしたが、男の子の心の中には母親に対する大きな愛情があったのです

離れて暮らす中でつらい体験をしながら、男の子は、自分は要らない存在だったのではないか?生まれてこなければよかったのではないかと苦悶いたします

そして深い愛情の裏返しとして、母が自分を見捨てて、男のもとへ走ったことを恨む気持ちももたげました

同時に、愛する者にそうした恨みを持つことの自分自身への罪悪感と、自分が犠牲になって母が幸せになればそれでよいという相反する想いが、心の中を必死に駆け巡ってどうしようもありませんでした

そして彼は大人になってからも、一人孤独に、自分の好きな研究に打ち込む人生を送りました

わたしの前世において、孤独な研究家として生涯を過ごしていた人生があるのは知っていましたが、それが何故なのかまでははっきり分かりませんでした

この男の子の思いを知ることで、幾らかその原因が分かってきたと言えます

男の子は、母を心から許したかったのだと思います

母親の痛みを知り、彼女を許し、そして愛していると伝えたかった

きっとそのような思いを残していったのだと思います


主よ、どうか私たちの罪をお許しください

悲しみを越えて、愛情深き者となりますように、御導きください

関連記事





12 件のコメント:

  1. こんばんは。

    男の子は何も悪くないです。

    お母さん、心で感じ、心で考えて欲しかったな。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      きっと誰がわるいとかではなく、男の子はただ許しの思いを持って伝えたかったのだと思います

      削除
  2. 。.:*:・'°☆旅人。.:*:・'°☆2014年6月25日 21:56

    本来ならば無条件に愛を貰えるはずの母親から受けたしうちが、どれだけ男の子の心に影を落としたか‥

    私も母親とは大きな課題を抱えていました。
    人生が折り返し地点を過ぎ、だいぶん癒されてまいりましたが、まだ少し学びが残っているようです。

    私自身が修業のために母を選らんで来たのだとわかるには長い長い年月が必要でした。

    男の子の気持ちは痛いほどわかります。
    全幅の信頼をおける筈の者が信じられない自分が情けなく悲しいのです。

    この歳になり、全てを持っている人も、何も持っていない人もいないのだとわかるようになりました。
    過去にはそのような体験をしましたが、恵まれていることも多い私です。

    男の子もいつか必ずそのように考えられる日が来ると思います。

    光の世界を知るために、人生の早いところで闇を経験なさったのかなと感じます。

    男の子に沢山の光が降り注ぎますように

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      男の子はもうたくさんの光と愛を受けていると思います

      削除
  3. 許すということはす解放にも繋がると思います。
    許せないという気持ちがあることによってもがき苦しみますね。。
    私も、小3までは、言葉を話すことがほとんど無く、人とのコミュニケーションがほとんど取れない子供でした。物や食に対する興味もなく、マブヤー(魂)の抜けた感じの子供でした。そして自分でもあまり記憶がありません。

    生涯孤独な研究家としての前世をお持ちなんですね。
    私もそういう前世が多いような気がします。。なんとなく。
    幸せだった前世ってあったのかな。。??と思います。
    そういう前世を見てみたいです。
    今、ここにいるのは過去世から幸せに恵まれなかったから
    今世で果たそうとしているのかしら。
    悲しみをこえて愛情深い人になりたいですね。


    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      そうですね
      相手を許すことで自分も許されます

      削除
  4. 何度も何度も生まれ変わって、成功するまでやり直せるのは有り難いですね。

    何度も何度も、同じ失敗を繰り返しているのかも知れませんが…

    母親が幼子を見守るように、見守られているのが人間なのだと思えば、すべてが“ありがたい”ですね。

    返信削除
    返信
    1. 転生を繰り返しながら、徐々にでも向上していきたいですね

      削除
  5. いつも、ありがとうございますm(__)m

    コメントを書いたあとに全部消えました 涙

    相手の歩んできた道を考えると、わからないでもないなぁという感情になったりすることもあります。
    何を選択していくかで、状況は刻々とかわっていくのですね。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      未来は日々の選択の積み重ねですね

      削除
  6. 「自分は要らない存在だったのではないか?生まれてこなければよかったのではないか」という文を見て、泣いてしまいました。
    同じ思いを今世でも経験しましたが、心の奥に触れるような言葉でした。
    この涙が心の浄化になっていると嬉しいです。

    返信削除
    返信
    1. 心に溜まっていた感情があらわれ浄化される涙となりますように

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます