2012年12月14日金曜日

地震の発生原因新説と予知

ほんとうに活断層を調べて地震の発生がわかるのでしょうか?

地震はプレートの歪みによって引き起こるとされています 
圧力のかかったプレートがバネのように弾かれるのが地震だというのが一般的な説です 

ですが、地殻はそのような弾力性は無く、圧力が一定の域に達すると、しなるのではなくポキリと折れます 
そうした岩盤が砕ける現象では地震のような爆発的な威力は出ないでしょう 
また、以前紹介しましたが、貯水ダムや地下に水を注入すると地震が発生しますが、地殻の弾力による説では説明できません 

私の考えるに、地震は地殻に圧力がかかることで地下に電気が発生し、それが水を電気分解させて、酸素と水素を発生させ、これが発火することで爆発が起こる。これが地震のメカニズムではないかと思います 

花崗岩に圧力を加えると電気が発生することはしられています 
水晶などは大きな電圧を発生させるため、発振器などにも使われています 

プレートの境界など巨大な圧力がかかるところでは物凄い地下電気が発生いたします 

理科の実験で、水の中に電極を入れると、水素と酸素が発生する実験を学校でしたことがあると思いますが、水に電気を通すと水素と酸素に分解されます 

この水素と酸素の混合気体は大変爆発力が強く、福島原発で建て屋が吹き飛んだのも水素爆発によります 

地下で発生した水素と酸素の混合気体(爆鳴気)が爆発することで地震と呼ばれる現象が発生するのではと考えます 

そうすると、ダムや地下注水で地震を誘発させるのが理解できます 

また、地震前にはオゾン濃度が高まることが知られていますが、高電圧によりオゾンは発生しますので、説明がつきます 

風に流されない地震雲が見られることも言われていますが、電気が発生することで地下の電磁場の影響で出ると考えられます 

また、地震前には動物などが異常行動を起こすと知られていますが、地表まで達した電流や、電磁場の影響を受けて感知しているのではと思います 

地震前には、地面から空へ向かう雷がおこることも知られていますが、発生した高電圧によっておこります 

このように、圧力によりおこる地下の電気による水の分解で発生した水素と酸素の爆発と考えると、今まで説明のつかなかった現象に説明がつきます 

上記はあくまで私の個人的な説で、他にこうした説はありません 

高熱高圧による水の分解での水素爆発説を説かれている方はいらっしゃいますが、電気分解という説を言うのは私くらいかもしれません 

このような地下の高電圧が発生することで地震が発生するとする説が正しければ、地面の電磁場や電位の測定などにより、地震をあらかじめ予知することが可能になってくると思います




ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
クリックいただいた方の幸いをお祈りいたします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます