2012年12月8日土曜日

旧約の神とアクエンアテン(イクナートン・アメンホテプ4世)【ラー文書】


今から三千年以上前のエジプトの第18王朝のころアメンホテプ四世、のちのアクエンアテン(イクナートン)がファラオとしていました。彼ののちにファラオとなったのが有名なツタンカーメンです 



彼はアマルナ改革といわれる政治宗教改革をおこし、太陽円盤であらわされるアテン神のみを信仰する世界初の唯一神信仰をうちたてました 
そして争いを好まず当時としては考えられないような自国軍の解体までしたとされます 

私が見た前世でこの当時に生まれていたのを見ましたのでとても関心が深い歴史です 
マイミクのある方は当時に生まれた記憶を思い起こしてピラミッドの地下室で宇宙の存在とワークをしていたといっておりましたが、以前の日記で私が秘密の地下室で宇宙の意識体と交流していた話を書きましたがそれと一致するのではないかと思います 

その方ともエジプトの前世に関わる情報で交流したわけではないのですが、マイミクさんつながりで知り合い、日記を拝見したら偶然アクエンアテン時代の前世を書かれていてびっくりしました 

ウェイゴールという方は旧約の詩編のなかに「アテン賛歌」とほとんど同じ文章があるのを指摘するなどいろいろな検証をして出エジプトはツタンカーメンの後のホルエムヘブ王の時代だと考えたそうです

また深層心理学者のフロイトはヘブライ語で「主」をあらわすアドナイは、古代エジプト語でつづるとアテン(アクエンアテンの信仰した唯一神)になると指摘するなど、モーゼはアクエンアテンの宮殿にいたエジプト人だと主張したそうです 
アクエンアテンのアテン神信仰と出エジプトのモーゼらの信仰には何か繋がるものがあったと考えられるのではないでしょうか 

そして逆に対照的な違いもあります
アテン神は平和と愛をのぞむ方ですが、出エジプトのモーゼやヨシュアを導いた神は人を罰し、好戦的な性質を見せます 
まるで別な対照的な存在に入れ替わったかのようです 
これはどうしてなのでしょうか 
チャネリングにより書かれた「ラー文書」にはこのような記述があります 

私はラー。「十戒」の受け取り手は極めてポジティブな人物のひとりでした。だからこそ、受け取った情報に見い出されたポジティブまがいの特徴を明らかにしています。しかし、交信のなかにはうまくいかなかったものもあり、そのためそのモイシェ(モーゼ)という振動性複合体である存在は、「一なるもの」の哲学を最初に耳にした人々とのあいだで、影響力があり頼りになる存在でいつづけることはありませんでした。そしてその存在は、蔑まれ落胆した状態のままこの第三密度の振動レベルから取り去られたのでした。彼が、当時の時間/空間で彼の一族と呼ばれていた人々を解放したり、「一なるものの法則」の概念化に乗り出したときの、いわゆる栄誉や信用はすでに失われていました 

つまりポジティブな情報源からだけでなくネガティブな情報源からもメッセージを受け取っていたということですね 
それにより教えが歪曲していったのではないかと考えれば私が以前から考えていたこととも一致します 

そしてグノーシス派はすぐれた存在である至高神と低次な存在である創造神とを分けて考えようとしていたと以前の日記に書きましたが、それは聖書に含まれるポジティブな情報とネガティブな情報を分けるためのものだったのかもしれません 
ここらへんは「プレアデス+かく語りき」の日記にも書きました 


結局は受けて側にある心の傷やブロックが反応してしまっているのだと思います 
現在でもチャネラーや霊能者と称する方々が沢山いらっしゃいますが、ネガティブな情報を受けて発信されている方も多くいるのではと感じます
私も自戒せねばと思い至りました 





関連記事



4 件のコメント:

  1. 大変、興味深い内容でした。エンリルとエンキ、だけではなく他の神々もいらっしゃるのでしょうか?

    返信削除
  2. 始めてコメントします。私は、28年前にアッシジに一人旅をしました。その時に、チャネラーの方たちにであいました。フランチェスコやキリストのメッセージをチャネルで、教えていただき、不思議な体験をしました。旅だつ時も、マリア様のメッセージが夢で有りました。その時のチャネラーさんは、モーゼの前世と、フランチェスコの乳母の前世のあるかたでしたが、神のモーゼに対する厳しさに深いトラウマをお持ちでした。今は、エンリルとエンキの話で理解出来ますね。神話や妖精、宇宙人の話も、理解出来て感謝致します。ブログ楽しみにしております。

    返信削除
  3. 本当にテレパシー受信ができる人の永遠の課題ですね。低い波動も高い波動も、入り乱れており、鉱石ラジオを作った人ならわかると思いますがあらゆる放送局が混信してイヤホンから聞こえたものです。エイリアンインタビューを最近知りましたがイクナトンやモーゼを否定的に言う宇宙人にはおやっ?悪質宇宙人かな、と思いましたがそうとばかりいえないとも思いました。人間は全て神の器であるのに、神は人間からかけ離れた唯一絶対者だとモーゼは言うわけで、日本のように八百万の神々を否定しない宗教の方が平和を維持しておるようです。日本のある大宗教団体の方と伊勢神宮に行ったことがありますが彼らは鳥居の中に入らず、お参りしませんでした。彼らは自称仏教徒でしたがその会長は確実な情報源から聞いた話によれば、仏陀様の時代に生きていたことがあり、アーナンの兄弟で爪に毒を塗り、お釈迦様を引っ掻いて×にしようした人の生まれ変わりだと聞きました。神道と仏教は違うと言う人にも首をかしげてしまいます。確実に聞いた話なのですが、お釈迦様の育ての親であります、マハープラジャーパティーは日本ではこの花咲や姫として生きていたことがあり、イエス様の時代には弟子の大ヤコブだったと聞いております。宗教に分裂を持ち込む人は何かがおかしいと思います。

    返信削除
  4. この花咲や姫のこと、掲載してくださり、ありがとうございました。時期も時期ですのでもうひとつ、確実な情報原から聞いた生まれ変わりの話をさせて下さいませ。それは先月まで皇后さまでおられました、美智子妃様のことであります。やはりお釈迦様の時代に生きておられた方で、スジャータという方だそうです。お釈迦様はこれ以上ないほどの苦行をされましたが、はたと苦行をやめられて川で沐浴をし、川から上がられたあと、スジャータに出会われました。スジャータはお釈迦様に一杯のミルク粥を寄進されましたが、そのスジャータこそ美智子妃様の過去生だと聞きました。私にとっては神道も仏教も皇室も分裂というものがなく、それこそ宇宙の采配そのものだと信じております。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます