2024年7月5日金曜日

ワクチン実験場に選ばれる日本!?


新型コロナワクチンの問題については以前から何度か取り上げていますが、日本ではいまだにワクチン接種が続いています

世界的には二回接種で辞めている所がほとんどなのですが、日本では7回接種まで進めています

その間、ワクチン接種による薬害を訴える方々が集団訴訟をされたり、多くの声が上がっている中で中止することなく続けられています

小林製薬では亡くなった方について相談件数を報告しなかったとしてあれだけ怒っていた厚労省ですが、それよりも遥かに膨大なコロナワクチンへの健康被害の訴えには耳を貸そうとしません

これはワクチン接種による薬害へ国民の目をそらさせるために、あえて小林製薬をやり玉に上げたとしか思えないような行為です

さらに日本ではコロナワクチンの開発を進めていて、レプリコンワクチンを勧めようとしています

こちらは以前にも取り上げましたように、従来のmRNAワクチンよりも、自己増殖能力を高めたものです

つまり少量を打つだけでも、体内で多くのコロナの一部が産生され、それに対する抗体を作らせるというものです

増殖能力を高めているわけですから、従来のものよりも健康被害を大きくしてしまう恐れもあるので、接種を進めるべきではないと思います

そもそもコロナウイルスも変異を繰り返していく中で、感染力は強まったりしていますが、毒性は弱まってきており、かつてほどの脅威ではなくなっています

なのでワクチンを打つ意味も薄らいでいます

しかもこのワクチンは世界中で薬害の訴えが起こっていますので、続けるべきではありません

ではなぜ日本はコロナワクチンを続けるのでしょうか?

陰謀論では日本人を削減する計画によってワクチンが進められているという意見もあります

それは正しくはありませんが、日本人は従順でほぼ抗議の声を上げない為、都合よくつかわれている面はあるでしょう

世界で使われなくなったワクチンのゴミ捨て場として使われている面がありますし、継続して接種する事の効果を見られている面もありはずです

コロナパンデミックの時には製薬会社は大急ぎでワクチン開発を進め、大量のワクチンを製造しました

それによって潤ったわけですが、次第にパンデミックも収まってくると、というかウイルスの毒性が弱まってきて、なおかつワクチンの副作用も知られてきて、世界的には打たれなくなってきました

世界では自分の判断で打つかは決める人が多いですので、不要と思ったら誰も打たなくなります

日本人の場合には、政府やマスコミが接種を進めると、素直に打ってくれますので、いまだにワクチン接種が続いています

しかもワクチン接種で健康被害が出ても、日本人はほとんど声をあげずに泣き寝入りしますし、あげたとしても行政とメディア、医療機関がそろって圧力を加えてなかった事にしようとします

そのため日本ではほとんど薬害についても知らされずに、いまだにワクチン接種が続いている状況です

政府とメディアと医療機関がまとまって薬害の声を抑え込んでいますし、国民もそうした権威に弱いので止められないでいます

「お上の言う事だから」「マスコミが言っているから」「お医者さんが言っているから」という事で、権威に弱い日本人はそれらに従っていまだにワクチン接種を続けている状況です

そしてワクチンの製薬会社は、あまったワクチンを捌ける場所として日本は好都合なわけです

日本政府は国内の小林製薬などは執拗に叩きますが、外国の製薬会社などは叩きませんので、好都合な場所になっています

そして世界からもおそらくはワクチン接種を続けたらどうなるか見られているはずです

一種の実験場のように思われて見られているはずです

そういう事で日本はワクチン実験場にされている面も一部あるかと思います

ただ、意図的に毒薬を接種して殺害する事を計画しているわけではありません

危険なウイルスの一部をワクチンとして体内にいれたら、その一部も毒性があって、人体に悪影響を及ぼしたという事です

新刊『アースチェンジ——近未来の警告書では、これから訪れる地球の変革について書いています

↓一日一回、下の画像を応援クリックいただけたら幸いです
応援いただいた皆様に、幸せが届きますように祈ります


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

0 件のコメント:

今後のコメントは X(旧Twitter)にてお待ちしております。