2022年9月9日金曜日

エリザベス英女王の死去の霊的意味


イギリスのエリザベス女王が亡くなられました。70年にわたり在位されて、イギリスを照らされた方です

ちょうど昨日は、イギリスの状況をブログにて記事にしておりましたが、このような時期にお亡くなりになるというのは、どのような意味があるでしょうか?

おそらく今後、イギリスそのものが、大きな困難の時代に突入し、没落していく事となるでしょう

その象徴として、今の時代にエリザベス女王は、お亡くなりになったのだと思います

イギリスは女性が統治をしている時代が、繁栄を築くという特徴を持った国です

有名なのはヴィクトリア女王ですね

あの大英帝国の繁栄を築いた女王です

その前には、スペインの無敵艦隊を撃ち破った時の、エリザベスイッセイがおられます

今回、お亡くなりになられたエリザベス女王の治世も、戦後に戦勝国として、それなりに安定して時代を生きられたと思います

いまイギリスは、コロナ禍とロシア制裁の反動があって、大変な時期にありますが、今後さらに本格的な厳しい時代に入ると思います

今年の冬もエネルギー高騰で大変だと思いますが、来年以降は、さらなる厳しい時期に入っていくでしょう

女王陛下の死去されたのは、そうした繫栄した時代の終わりを告げ、これから厳しい時代に入っていく事を象徴していると感じられます

ちなみに日本でも、平成から令和に移りましたが、その時には、世間のお祭りムードをよそに、これから経済的に厳しい時代に入る、そして政府が国民に命令し、いろんな指示をしていく時代に入ると予言していました


実際に、コロナ禍でお店も大変になって、いろんな業界が経済危機に見舞われましたし、政府がマスクしろだとか、三密になるな、ワクチンを打て、などと、いろいろと国民の行動を制限し、命令する時代となっています

まさに予言していた通りの時代になっています

このように治世が移るというのは、偶然の事ではなくて、何らかの象徴的な出来事として起こるのです

イギリスも、女王の死去後は、急速に衰退期に入っていく事が懸念されます


↓一日一回、下の画像を応援クリックいただけたら幸いです
クリックいただいた皆様に、幸せが届きますように


☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

5 件のコメント:

桔梗屋 さんのコメント...

いつもありがとうございます。
バッキンガム宮殿に、虹が架かったのも何かの啓示でしょうか?

匿名 さんのコメント...

イギリス、トラス首相はどう思われますか。
どうもよろしくない感じもしますが。
かなりロシアには強行姿勢ですぬ。
安倍元首相やエリザベス女王と
時代が変わる時期が一般人でも実感しますね。

匿名 さんのコメント...

予言、、で昨夜思い出していたのですが
昨年放送の「日本沈没」は予言的なドラマとのことで、地震や停電などたしかに現実とリンクしました。
で、もうひとつ今頃になって現実とリンクしたなと気付いたのが、円安です。
ドラマの中でも、日本全土が沈没するということが世界に知れ渡って、円が暴落して人々がパニックになる場面がありました。
はてさて、日本円はどこまで暴落するのでしょうね…

匿名 さんのコメント...

トラス新首相はネオコン代表ソロスの手下という記事をどこかで見ましたが、真相はどうでしょうか?
本当に英国は没落するのかもしれませんね。

匿名 さんのコメント...

エリザベス2世は 牡牛座
チャールズ新国王は蠍座

英国は 土の国から水の国へ
日本は 平成から令和➡️土の国から水の国へ

似てます。