2017年10月14日土曜日

事故や病気で障害となる意味


生まれつき何らかの障害をもって、生まれて来る人について書いたことがあります



他の健康な人に、自分たちがどれほど幸せでありがたいことか、いつも当たり前に思っている健康であることを教えるために、一定の割合で、何らかの病気や障害を、先天的に生まれ持ってくる人たちがいます

彼らとは別に、生きている人生の途中で、何らかのアクシデントに見舞われ、身体が不自由になったり、障害をもつこともあります

そうした人が障害を持つことにどのような意味があるか?質問を受けました

まず申し上げるのは、そうした途中で身体が不自由となって生きるのは、一部の人に限ったことではなくて、長生きした人については、避けて取れない問題があります

人は年を重ねるにつけて、あそこが痛い、ここが痛いと、身体のあちこちに、何らかの故障が出てきて、不自由になっていきます

大病を患う人もいますし、その後遺症に悩んでいる人も多いでしょう

また、年を取ってくると、足腰を弱めて、歩くのにも不自由になってくるはずです

そのように、ある程度年を取ると、誰しも身体に不調が出るのは、避けて通りがたいものがあります

なぜそのように、人は年を取ると体のあちこちに不具合が発生して、不自由となっていくかというと、あまり健康でい続けると、あの世へ帰る心の準備が出来ないからという事があると思います

健康で何不自由なく暮らしていると、いつまでも生き続けたい思いがあるでしょう

不自由を経験していくからこそ、古くなった肉体を脱ぎ棄てて、あの世へと帰っていくことを受け入れていきます

そのように、老齢となって身体が不自由となっていくのは、あの世へと未練なく帰っていくための、準備のためにあると言えるでしょう

あまり健康的に生きて、急に亡くなられた場合には、自分の死が受け入れられず、あの世に旅立てずに、この世にとどまってしまうことがあるでしょう

そのように、霊的世界からすれば、スムーズにあの世に帰っていくための準備の期間として意味があります

また、若いうちに病気や事故などで、障害を持たれる方もいます

特に子供のころになられた方というのは、一つはやはり、生まれ持って障害を持たれた方と同じように、人々に感謝を教えるためになられている場合がります

普段は健康に生きることが当たり前に思っている人も、そうした障害を持たれた子供さんを見て、自分たちがいかに恵まれているかを教えてくれる役割があります

次に、子供のうちに障害を持たれるケースとして、家系などに続いている負の遺産を解消するために、自己犠牲として生まれているケースがあるように感じます

たとえばご先祖が周囲からとても恨まれていたり、悪事を働いていたりして、何らかのマイナスのカルマがあった場合に、そうしたことを知っていて、あえて自分が引き受けるような思いで生まれてきたケースもあるようです

子供のころに障害を持たれるケースには、こうしたことがあるように思われます

成人になってから中年のころまでに、障害を持たれるケースには、上記の子供のようなケースもありますが、違った場合もあるようです

ひとつには、その人の思いの傾向性が、ネガティブな方向に進んでいて解消されない場合、大きなアクシデントとして起こることがあります

自分の人生をもう一度しっかり見直すために、そのような障害となって現れることもあるでしょう

そして、もうひとつ言えるのは、過去世などのカルマを、障害を持つことで解消しようとするケースです

たとえば前世において、何らかのトラブルで人を傷つけてしまい、相手が不自由な体となってしまった場合に、申し訳ないという思いを解消するために、今世ではご自身が同じ場所などを障害になるケースです

そのように、幾つかのケースが起こっていると思われます

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

3 件のコメント:

  1. 高齢者に対する医療にも考えさせられます。あちこちどこかが痛いとゆって我慢せず病院に定期的に薬だけをもらいに来る高齢者の方が多いように思います。

    また子供が先祖の負のカルマ背負って産まれて来るのには切ないですね。
    大人になってからの障害は当人の思いも影響されてる場合があるのですね。
    精神障害も多くあります。
    身近な人や家族は、それでも一生懸命生きてる姿を応援し見守らなければいけないのだと思います。けして見放してはいけないのだと。

    返信削除
  2. こちらの記事で言う「障害」は、身体的障害のみのケースでしょうか。
    先天的な精神障害、あるいは知的障害も当てはまりますか?

    返信削除
  3. 質問に答えて下さりありがとうございました。

    どうしても、受け入れる事が出来なかったのですが、起こることに偶然はないのですね。
    与えられた精一杯で、諦めることなく、向上していくことを続けて行きたいです❗

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます