2021年11月9日火曜日

恋愛関係で生霊を飛ばさないために


世の中には亡くなった人の霊が、いろんなトラブルを引き起こす例がありますが、生きている人の思い、念が問題を引き起こすケースもあります

ひょっとしたらあなたも、知らず知らずに生霊を飛ばして、相手を傷つけているかも知れません

積極的に相手を害しようとした時には、よく呪いなどがあります

これも生霊の災いと言えるかと思いますが、これは本人が自覚的にしている事です

しかし、人を恨んで、相手の不幸を願った念というのは、いずれは自分に返っていくことを知らなくてはなりません

多くの人にとっては、自分が生霊を飛ばしていると思っていなくても、知らず知らずに飛ばしてしまっている事もあります

すべてが悪いものとは言えませんが、あまりよろしくはないでしょう

それほど害のないケースで言えば、誰かの事が心配で、生霊が飛んできて様子をうかがっているような場合もあるようです

またなかには、残念ながら、相手に対して恨み心を持っていたりして、害を与えてしまうケースもあります

たとえば好きな人がいて、その人を思うあまり、他の人がその人と仲良くなるのを嫉妬して、生霊となる場合もあります

学校や職場でもあこがれの異性がいて、その人の事が好きなのですが、告白する勇気もなく、ただ見守っているだけの時に、他の方がその人にアタックしているような様子をみて、嫉妬してしまって、生霊を飛ばすという事があるでしょう

また、付き合っていた方がいて、その人のことを今でも好きなのに、一方的に別れを告げられ、離れたとします

本人はまだ未練がありますので、その人が他の人と付き合いをしたり、結婚するのを嫌い、邪魔をするような生霊を飛ばす事もあります

そのように男女の関係で生霊を飛ばすケースは結構あると思います

愛が執着にまでなると、苦しみを生み、生霊の原因ともなります

仏教では愛することを捨てるような教えもありますが、その時の愛というのは、執着にまでなるような愛の事です

愛することで相手を苦しめ、自分をも苦しめるようなものは、ほんとうの愛ではありませんので、それを捨てよと言われます

ですので、ご自身で振り返ってみて、誰かを恨んでいたのなら、もう終わったことときりをつける事です

そして相手を愛するあまり、執着になって自由を縛るような思いが出てきたら、それは執着ですので、捨てるようにします

あまりに相手を縛り付け、念でがんじがらめにしてしまっていないか反省し、もっとゆとりのある思いに変えていきましょう

そのように相手に対する執着が強すぎると、生霊となって飛んで行ってしまう可能性もありますので、自覚して手放すようにしていただきたいと思います

それが相手のためでもあり、本人の幸せのためでもあります

↓人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけたら幸いです


公式YouTubeチャンネル開設しました 。よろしければチャンネル登録お願いいたします

☆☆☆スピリチュアルスクールの紹介☆☆☆
スクールに入られると、神聖な光の仲間たちとの繋がりによって、あなたのアセンションは加速され、変化を体験されるでしょう。
ほぼ毎日、記事を配信し、満月には、仲間たちと一斉ワークを行っています。
入会された方の感想はこちらにありますので、参考にご覧ください。

関連記事


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

小林麻央さんが若くして亡くなったのは海老蔵さんの過去の多くの女性たちの生霊たちの嫉妬の仕業なんでしょうかね!?

匿名 さんのコメント...

一度念の強い人に想われたことがあり、その人から念がこもっているであろう手作りの物をいただいたのですが、その後、たまたま霊感の強い見える人と立て続けに出会う機会があり、うしろに男性が見えると3人の人に言われました。
そのうちの一人はその男性のことを知っていたので「◯◯さん」と名前を教えてくれました。
驚きました。
その時期、寝ているときに金縛りにあっているときにも何かが来て触られている感覚がありました。
良い人でしたが何だかこわくなってしまい、その男性とは距離を置きました。
念って姿として見えるものなんですね。