2019年1月15日火曜日

運命を乗り越える方法

その人の思いが未来を形作っていくという話をしたことがあります

どのような思いを持っているかで、その人の将来はきまっていくということです



それと運命とはどのような関係にあるでしょうか

思いによって変わっていくならば運命は無いように思えます

自分で思いを変えれば、未来も自由に変わっていくからです

しかし人間はそう簡単に思いを自在に操ることはできません

たとえば、読書の習慣をつけようと、毎日少しづつ本を読むようにしたり、あるいは運動の習慣をつけようと、ウォーキングを毎日するように心がけても、いつも三日坊主になったりすることは、大抵の人が経験するでしょう

そのように意思をもって変えていこうとしても、慣性の法則がはたらいて、すぐには変えられないことが多くあります

人間の思い癖や、魂の傾向性というものも一緒で、なかなかすぐには変えられないことが多いです

そのためその人がどのような魂の傾向性を持っているかで、その人の将来に起こることなどが決まてきます

それを運命というように言う事も可能でしょう

どのような思い癖や、考え方をする癖があるかで、その人の将来は見えてきます

それは思いが将来を形作ることと同じ事を言っています

思いが将来を作り出しますが、人には思いの傾向性があって、それはなかなか変えられず、同じ傾向性の思いを発し続けますので、その特徴を見れば、将来はどのようになるかが形作られていくわけです

たとえば怠け癖がって、人の見ていないところでは仕事をさぼったり、怠けたりする傾向性のある人は、仕事で成功することは難しく、将来はあまり出世しないという事は分かります

逆に仕事を通して人が喜んでくれるのがうれしく思い、一生懸命に働き、働くことが生きがいのある人でしたら、出世して行ったり、事業で成功する可能性が高いでしょう

こうした心の傾向性によって、将来はどのようになっていくか予測はつきます

そして自分の欠点や短所を改めて、変えていこう、日々に向上していこうと思っている人は、積み重ねによって徐々に変えていくことが出来、運命も変わっていきます

自分の心の傾向性を見つめて、改めていくことで、運命は乗り越えていけます

関連記事


3 件のコメント:

  1. いつもありがとうございます。心を見つめ、正していくことが、運命を好転させていく方法論なんですね。仏教の八正道も、自分自身を見つめ、正していくことを説かれていたと思います。このブログでは、いつも普遍的な真理をわかりやすく教えていただき、本当にありがとうございます!

    返信削除
  2. いつもありがとうございます。心を見つめ、正していくことが、運命を好転させていく方法論なんですね。仏教の八正道も、自分自身を見つめ、正していくことを説かれていたと思います。このブログでは、いつも普遍的な真理をわかりやすく教えていただき、本当にありがとうございます!

    返信削除
  3. 陰日向なく働く・・という言葉がありますが、案外他人の人間性の判断材料にしてます。横着は禁物ですね。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます