2014年11月27日木曜日

カードやダウジング等の占いを指導する存在


アンケートの質問でオラクルカードは必ず自分に必要なカードを引き寄せるのと、指導しているのは守護霊や天使からきているのかという話がありました

今回はこちらを取り上げて見ます

カードやあるいはダウジング等で必要な情報を得ようとするとき、必ずその人に必要な情報を引き寄せるかどうかですが、必ずしもそうとは限りません

そうしたツールによって安易に物事の判断を得ようとした場合、指導するものが高級霊であれば、人が依存して自主的な努力を放棄しないように、何でも必要な情報を引き寄せてくれるということは無いでしょう

その人の人生において必要なときに、そうした方がよいと判断したときには適切な情報を得られるように配慮されるでしょうが、何度もしていて頼ってしまうような人には正確な情報は降ろさなくなるはずです

これは天使と呼ばれるような高級霊や守護霊等はそのように考えるはずです

それが頻繁にカードやダウジング等をしていると、指導する存在が変わってきて、天狗や狐などの霊がきたり、ネガティブなものが支配してくるようになったりいたします

昔流行っていたコックリさんなどの交霊術でもたいていは低級霊がかかってくるように、カードやダウジング等をしていると、行っているものの心境に合わせて霊を呼び寄せるようになります

されている方の心境が澄んでいるなら守護霊などの指導を受けているでしょうけど、心が曇っていたり、汚れがあると、それに反応して変なものがよってくるので注意してください

関連記事





1 件のコメント:

  1. タロットなどは、本人が知り得ない潜在意識をカードを使って見ていくものだと聞きました。
    本人の潜在意識との共鳴を利用しているとのことのようです。

    ですが、本当のところ何と共鳴しているのか?(占い師や周りにいる何かと共鳴している可能性もあるのではないか)に確証が持てず、結局何を信じたら良いかわからなくなります笑

    何かに判断を委ねたり依存する意識をやめ、瞑想などで心を浄化して平常心で自分自身を内観していこうと思います。

    返信削除

コメントは運営スタッフの承認後に表示されます