2017年10月13日金曜日

やしきたかじん氏と百田尚樹さん家鋪さくらさんとの前世の縁


やしきたかじんさんは主に関西で活躍された歌手で、テレビタレントもされていた人で、もう三年ほど前に癌でお亡くなりになられました

関西の人はよくご存じかも知れませんが、東京など関東では知らない人もいるかも知れませんね

私もよくは存じ上げませんが、「やっぱ好きやねん 」という歌がヒットされているのは聞いたことがあります


やしきたかじん氏は、晩年に食道がんで病気療養中に、さくらさんという若い方と三度目の結婚をされています

その家鋪さくらさんとの話を書いた本が「殉愛」というタイトルで、作家の百田尚樹さんが書かれて話題となりました

このお三方の、やしきたかじん氏と百田尚樹さんと家鋪さくらさんについて書いてみます

やしきたかじんさんは、戦国時代頃だと思いますが、堺のあたりで行政官をしているとともに、文化人として活躍されていたように感じられます

貿易に関する役所の上にある人だったようですが、それと共に文化サークルのようなものを開いて、当時は和歌でしょうか、歌を作ったり、政局を談じるなどのサロンを開いていたようです

そのサロンの中の人物の一人に、作家の百田尚樹さんもいらしたようです

百田さんは、もともとは貿易商をされていたようですが、ご隠居されて文化サークルを中心に活躍されていたようです

その前世の時に、百田さんがやしきたかじんさんに紹介した女性が家鋪さくらさんだったようです

昔は正室以外に、偉い人は側室を置いていたようですが、そうした側室として入られています

そのような前世のご縁が、お三方にはあったようです

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. 欅坂46の平手友梨奈さん、とても気になります!彼女の圧倒的な存在感、是非お願いいたします!

    返信削除
  2. 何気ない出会いのように見えて、実はそういった前世からの巡り合わせなのですね。
    人生って不思議です。
    私も仲のよい友達と会うと本当に居心地が良いので、前世でも出会っていたのかなと思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます