2017年5月25日木曜日

安倍総理のカルマと加計学園問題


国会では森友学園に続いて、加計学園の問題が騒がれています

加計学園問題については、このブログで以前に、森友の次は加計が上がってくるかもしれないと述べていましたので、現実のものとなっています

その時に書いた記事でも指摘しましたように、安倍総理とその内閣には、教育関連でカルマがあると指摘しました

安倍総理の腹心である下村博文元文科大臣は、塾や予備校などから政治献金を受け取っていた問題で大臣を辞任しています

そして文科省のお役人が、大学などの関連団体に組織的に天下りをしていて問題となりました

その後に森友学園問題が起こり、今の加計学園へと繋がります

これは安倍さんに限ったことではありませんが、権力が続いていると、自分を礼賛する者をひいきして、少しでも批判的な態度や、従わないそぶりをする者を排除しようとします

安倍さんも、長い政権で慢心してきて、自分に媚びを売る者には優遇して、従わない者には圧力をかけることをしていたのでしょう

それが学園問題で出てきているといえます

安倍さんが特に教育関連で、自分に従わない者には圧力をかけて、服従するものには優遇するということを顕著にしていたのでしょう

それがカルマとなって帰ってきていると思われます

関連記事


↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

3 件のコメント:

  1. 安倍総理がやった闇は、これからもますます暴かれるように思います。一番やってはいけないこと、教育界において本来護るべきなすべき正当なことを、権力の力を使って圧力かけたことは許されないと思います。

    返信削除
  2. 今は北朝鮮問題など国際的な危機です。日本の国内問題でごたついては困ります。
    民進党に政権が渡ったりしたらとんでもない。

    返信削除
  3. 自民でダメ、民進でダメ、ではどこならよいのでしょうかね。
    ほんとに今の腐った政治家を根こそぎ変えてもらえるのにはどうしたらいいのですか?
    私たちの声を拾って届けてくれる政党はどこですか?

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます