2014年1月16日木曜日

運のいい人になる5つの方法


ブログの読者さんにも参考になるかもしれない、面白い記事がありましたので紹介いたします




《脳科学的》運のいい人になる5つの方法http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140116-00010002-dime-soci

●自分を大切にする
自分を大事にする姿は、他人に伝わる愛車をていねいに扱うように、自分自身にも心を配る。ピカピカなクルマなら他人も大切に扱ってくれるように、自分を大切にしている人には、ていねいに接してくれるもの。周囲の人間の影響は想像以上に大きいものだ。
●不安と向き合う
できないことはできないと素直に認めて「自分はできる!」と思えればいいが、そうでない場合は、「できる!」と思い込もうとしないほうがよい。不安を書き出したり、信頼できる人に相談することが重要。あえて不安を露呈することで、実力が発揮できるようになる。
●運がいい人の真似をする
なりたい人物の考え方に近づく成功している人や、こういう人になりたいというロールモデルがいたら、話し方や考え方、ファッションや持ち物まで、ありとあらゆることを真似してみるといい。やっていることを真似しているうちに、脳の回路も似てくる。
●毀誉褒貶(きよほうへん)に惑わされない
運がいい・悪いは、自分で決めること「自分にとっての幸せは何か」というものさしがなく、世間の評判に流されて生きていると、いつまでたっても幸福感に満たされない。運がいい・悪いは「自分なりの幸せのものさし」次第。定義が決まれば、心は乱されない。
●常に夢を思い描く
センサーを働かせて幸運の矢をキャッチ明確な夢がなければ、幸運の矢が目の前に来ても、キャッチできないどころか気づかずに見過ごしてしまう。夢をかなえる人、セレンディピティーを発揮できる人は、夢や目標がかなった状態をいつも頭のどこかで思い描いている。

■中野信子さん1975年、東京生まれ。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。脳科学者、医学博士。世界の上位2%のIQ所有者のみが入会を許されるMENSAに所属。近著に『科学がつきとめた「運のいい人」』(サンマーク出版)など。


関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. ”運が良くなる”について、昔から私の中に引っかかって来る事。それは、

    ご先祖様を大事にしないと(先祖供養?)幸せになれない。
    両親は根っこ。だから親不孝者は幸せになれない。

    等の、儒教的な捉え方なのですが、

    これは現世のご利益に標準を当てての考えなのか、それとも真実なのか?
    是非教えて下さい。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      ご先祖供養については今日のブログ記事に書いてみました
      参考にしていただければ幸いです

      削除
  2. ありがとうございます!
    読んでみます!

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます