2016年9月14日水曜日

宇宙の魂の悲しみ


日記に魔女狩りについてよく書くので、何か思い入れがあるのですか?という質問がありました

魔女狩りのほかには、「ナチスのユダヤ人迫害」や「中国によるチベット民族への弾圧」などを多く書くことがあります

これらに共通するのは、「罪無くして苦しみ、迫害される人々」です

前回の記事「宇宙の兄弟たちへ4」は、ある宇宙から飛来されて地球へとこられたと思われる方とのメールのやり取り中に不意に降りてきたものです

その方はとても調和された世界の星から来られた姿が見えていました

地球人からすれば、まさに天国のような世界です

そんな星から、いまだ獣性の残る人々も多くいる地球に生まれるのは、とても辛い事でしょう

地球人としての転生で、多くの悲しい体験をされているのが見えました

それでも、厳しい環境を選んで生まれてまで、地球に愛と調和を伝えようとして生まれてくるのです

その悲しみやつらい体験を知ったときに、「宇宙の兄弟たちへ4」のメッセージの意味と、自分の過去の思いとの繋がりを知りました

宇宙の配達人と名乗る存在の悲しみ、それは、地球へお届けした魂が、苦しみや、悲惨さ、悲しみを地上にて受けている様子を見なければならない悲しみでもあります

そして、「はじめに・自己紹介」にて書きましたように、わたしは(おそらく)前世で自分のために愛する者たちが苦しまなければならない姿を見るつらさであり、悲しみでした

この二つは状況は違っても、共通するテーマのあったことを知りました

おそらく私自身も、もとは宇宙から飛来した魂であり、その宇宙の配達人とは、魂において何らかの繋がりがあるように思います

そして、何故「魔女狩り」や、「ナチスのユダヤ人迫害」や、「中国によるチベット民族への弾圧」に関心が向くのか

おそらく、そうした悲惨な体験をされた人々の中に、宇宙からこられた魂もいて、その悲劇を止められず、見守るしかなかった悲しみがあったのだと思います

今世では、わたしは沖縄で生まれ育ちましたが、沖縄もまた第二のチベットになる危機に直面しているように感じます

関連記事





5 件のコメント:

moor on moon さんのコメント...

地球文明の繁栄が、地球と宇宙の全ての魂たちを救うことができるのだと思います。

どうか、その悲しみが癒されますように。

洪 正幸 さんのコメント...

moor on moonさん

コメントありがとうございます

多くの魂が癒されることを願います

kukka saraste さんのコメント...

久しぶりの号泣でした。
涙が溢れて溢れてとまらない
今日もありがとうございました。

ビッグママ さんのコメント...

愛にあふれ、調和の取れた地球になりますように…
私も今、辛い体験の真っ最中ですが、傷つきますね。
弱いと言われればそれまでなのですが…
強くなりたい…

匿名 さんのコメント...

涙出ました
遠い宇宙の故郷から離れて飛来して
どこか落っこちてきたような孤独を感じながら
それでもこの地球のために進化貢献される魂隊の方々の迫害とご苦労を思うと
涙がじわりときますね・・・

その宇宙で進化した惑星から飛来した方々は
愛を伝えるため
さまざまなテスト・試験を受けて地球にやってきてるのかなって印象もあります

他の惑星に貢献することもご自分の魂の進化発展のプログラムなのかな

やがて魂は次元上昇し惑星の魂となり
それぞれ美しい星となり生物を育て
宇宙を創造できる神へと上昇していくのかなぁ?