2017年11月9日木曜日

十二支の動物や星座と宇宙時代の過去世の関係


十二支の動物と、宇宙時代の前世、過去世の関係について質問がありました

十二支では、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥、12種類の動物が出てきます

宇宙時代の前世というのは、地球に来る前の、別な星にいたときに生きていた知的生命体のことをいい、別な惑星での宇宙人として生きていた人間が、地球に生まれ変わってくることを言います

そうした宇宙時代の中には、地球の動物に似た知的生命体もいますので、十二支の動物と関係があるのかと思ったという事ですね

結論から言うと、十二支の動物と、宇宙時代の姿とは関係がありません

丑年生まれだからと言って、宇宙時代が牛の姿をしていたわけではなく、申年の人はみんな猿の惑星からきたのではありません

ただ時期ごとに、地球で活発になるエネルギーの特性がありますので、その年に生まれたもの同士の特徴というものはあるでしょう

そのエネルギーの変転を、東洋では十二年周期で起こると考えて、十二支が考えられたということですね

それ以外に似たものとして、12星座占いもあります

一年を黄道を通る12星座で割り振って、星座ごとの運気などを読むものです

こちらも確かに、星々の配置と、それで受ける地球のエネルギーの違いがありますので、ある程度人に影響は出てくるでしょう

直接的に干支や星座と、宇宙時代の姿とは関係が無いようです

宇宙時代の特徴というのは、今世でも共通する部分がありますので、そうした特徴を見ていくと、自分がどのような生命体だったか何となくわかるでしょう

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます