2017年9月8日金曜日

太陽フレアと大地震の関係と霊的な意味


太陽フレアと言って、太陽の表面で巨大な爆発が起こり、それが地球へと到達する現象が起こっています

過去11年で最大の太陽フレアだったため、地球到達時に起こる磁気嵐で、通信や電力などに問題が起こる可能性が懸念されていましたが、現在のところ大きな問題はないようです

もしも巨大な太陽フレアが地球に直撃し、大規模な障害が起こった時には、携帯やインターネットが使えなくなったり、電力も供給されなくなるという事態が発生することが懸念されています

今回は大きな問題は起こらなかったようですが、いずれ起こる可能性のある災害です

何故、この時期に巨大な太陽フレアが発生し、注目を集めることになったかを考えると、北朝鮮の問題がリンクしているように思われます

北朝鮮は核開発を進めていますけど、その中で、核兵器による直接的な攻撃ばかりではなく、上空で核爆発を起こし、それによって広範囲で都市機能を壊滅させるという「電磁パルス攻撃」の脅威があげられます

たとえば、北朝鮮が迎撃ミサイルのPACー3も届かない、日本の上空で核兵器を爆発させたら、通信機器や電力系の破壊が広範囲に起こり、都市機能を消滅させる能力があります

威力や高度によっては、一発で日本のほぼ全域で、機械が使えなくなるという事もあり得るようです

もしもそうなったら、日本では電気を使う機械がみな使えなくなり、交通も生活インフラも停止してしまい、多くの死者を出す結果となるかもしれません

そのような電子機器の障害を起こすというところで、今回の太陽フレアと、核兵器による電磁パルス攻撃は共通のものがあり、偶然ではなくて、意味があって起こったように感じられます

また、以前から太陽フレアと大地震が関係しているのでは?という噂がありましたが、今日、メキシコ沖でM8.2の大地震が発生しています

日本でも熊本でまた震度四の地震があったようです

太陽フレアと地震の関係は科学的に示されてはいませんが、はたして今回の地震は偶然なのか気になるところです

そして今回の太陽フレアの発生は、北朝鮮が数日中に行おうとしてたミサイル発射実験や、核実験を延期させる効果があるのではないかと思います

太陽フレアによる障害が発生してしまう可能性があるため、北朝鮮がここ数日中に予定していた実験を延期する可能性が出てくるでしょう

もしも北朝鮮がさらなる挑発行為を行なえば、アメリカのトランプ氏は、本気で北朝鮮に向けて核攻撃を辞さない構えを見せるでしょう

そのため北朝鮮にとっては最後の猶予が与えられたともいえます

可能性は薄いですが、北朝鮮がなんとか無血開城の決断をすることを、北朝鮮の人々のために願います

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

5 件のコメント:

  1. はい、北朝鮮の人々が平和に暮らせますように祈ります。
    全ては、1つに繋がっているんですね。

    また、今日の私の心の使い方を反省します。
    どうか、光を放て周りの人を1人でも明るくでき、人から人に繋がって行きますように、
    今、ある場所で精一杯居ます。
    ハチドリのしずく 見習います。
    言葉には責任が伴いますね。コメントにも勇気がいります。🌠

    返信削除
  2. 太陽フレアーにしても、米国の巨大台風も衝突を遅らす要因になってます、
    偶然にしてはタイミングが良すぎますね。
    世界各国も徐々に制裁行動に出てきています。あくまで私の予想ですが
    もし世界中の国々が協力して北朝鮮と向き合うことになれば、対話協議の
    方向に向くのではないかと思います。
    その時、追い込まれた北朝鮮が発射ボタンを押したとしても、操作不能で
    動かないでしょう。
    アトランティス時代には大きな破壊がありましたが、今回は破壊を伴わない
    上昇が重要項目になっていますので平和的に行われるのではないかと
    思います。又そう願っています。。

    返信削除
  3. 本当の悪は中国ですから、まだ戦いの場合ではないぞよというメッセージですか、ありがたい導きです。大難が小難になりますようにという祈りが届いていると解釈します。

    返信削除
  4. 北朝鮮への核攻撃はパンドラの箱を開けることになるため、
    とりあえず延期といったところでしょうか?

    戦後核は使用しないことを前提条件に、各国が核抑止力として保有してきました。

    仮に「悪を叩く」という大義でトランプさんが北朝鮮に核を使用した場合、
    「悪を叩く」という大義で特に中東地域で核が使用される可能性が俄然高まるはずです。
    「俺たちも使っていいんだ」と。

    北朝鮮の無血開城はありえないでしょう。
    ただ核の使用に地球を見守る神からノーか延期の判断が下ったというべきでは。

    核を使用しない戦争の場合、朝鮮半島と、さらに日本にも多くの血が流れます。

    それでも神は核兵器の使用にノーの意思表示をしたのです。

    核兵器の使用=ハルマゲドンです。

    日本は相変わらす国難が続きそうです。

    返信削除
  5. 「北朝鮮の人々のために願います」
    とても愛のある言葉に涙が止まらなくなりました。
    ここにコメントされている方々からも愛を感じます。
    どうかこの地球が愛溢れる星になりますように☆

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます