2017年8月26日土曜日

般若心経を唱えてよいのか?


般若心経について、唱えるべきと言う人、唱えるのは危険と言う人、内容が間違っているという人など、色々いてわからないという質問がありました



中身に深く踏み込むと難しくなりますので、簡単に話してみたいと思います

以下に般若心経を書きます

仏説・摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩・行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。
舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識・亦復如是。
舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。
是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。
無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智、亦無得。
以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離・一切・顛倒夢想、究竟涅槃。
三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。般若心経

見たいただいてわかるように、とてもコンパクトな文章で空について要約して書かれていますので、歴史的に読み上げやすく、人気のあったお経です

内容としては、この世のものは実態の無いもので、仮に成り立っており、一切は空だと説かれているといえるでしょう

またこの経の中にも呪(しゅ)と出てきますが、これは功徳のある言葉というような意味ですから、唱えるだけでよいものだと考えられて来ました

このお経自体も、高僧が訳されているようで、光が込められていると思いますので、読んでいると、光が入ってくるということはあると思います

ですので、昔から伝わってきたように、いくらかの功徳はあるのでしょう

ただ、危険性を言われているのは、たしかにあり得ることで、般若心経を唱えてご先祖様や、浮かばれない霊などを供養しようとして唱えていると、危険なことはあるかと思います

供養しようとして般若心経などを唱えていると、未浄化な霊が、自分も供養して欲しいと集まってきてしまう可能性があります

そうすると、唱えているひとに力がないと、多くの人を背負い込む形で、自分の力では対処できなくなるため、危険性が出てくるでしょう

そうしたことは特殊に当たるかと思いますので、一般には唱えられるのはよいかと思います

基本的には、般若心経を唱えることで、この世のものに執着を減らし、苦しみを滅していくようになるのが、正しい功徳でしょう

この世のものは空だと観ずることで、執着心を減らして、静寂な境地に入るのが仏教の目指している心境でしょう

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

1 件のコメント:

  1. 洪正幸様、いつもブログを楽しみしています。
    aiです。
    般若心経について取り上げていただきありがとうございました。
    私の心のモヤモヤが解決しました。
    空と言う心は、難しいですね。

    ブログでは、
    プラスとマイナス部分を伝えてくださる方が本物だと思います。
    スピリチュアルに興味のある方が洪正幸さんのブログにたどり着けるよう祈ります♪






    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます