2017年4月12日水曜日

北朝鮮の戦争危機


今月5日にすでにアメリカのトランプ大統領が、北朝鮮に攻撃を考えているとブログで述べていました
その翌日の6日にはアメリカがシリアへの攻撃を実行して、にわかに騒がしくなりました

シリアへの攻撃で、トランプ氏が実際に攻撃を実行する人間だとわかり、北朝鮮にも本気で攻撃をするのではと、ようやく気付いてメディアなどは慌てているような状況です

シリア攻撃前にも、アメリカが本気で北朝鮮を攻撃する可能性のあることを指摘していましたし、去年の末ごろに、韓国の朴槿恵大統領が罷免されて、韓国で大統領の不在の時期に、半島で何らかの有事が発生するのではないかということを述べていました

そうした予見は、どんどん現実に近づいていっています

ニュースでも取り上げられてきたように、アメリカの北朝鮮への攻撃は、可能性がとても高まってきています

ある日突然に、アメリカが北朝鮮への攻撃を開始する可能性が高いでしょう

そうした北朝鮮の戦争の危機があって、日本も対岸の火事ではすまなくて、幾つかの危機が想定されます

ひとつは、北朝鮮による日本へのミサイル攻撃があることです

北朝鮮が日本に対してもミサイルで攻撃してくる可能性も考えておかないといけません

そのミサイルには、シリアが使ったような毒ガスなどの化学兵器が搭載される可能性もありますし、核兵器が搭載される可能性も無いわけではありません

そうした攻撃の可能性も考えておかなくてはなりません

つぎには、韓国にいる邦人への被害です

多くの日本人が韓国にはおりますので、そうした邦人への被害が想定されます

そして、朝鮮半島で有事となった場合に、大量の難民が日本にも押し寄せるということです

その数は数十万人に達するかもしれません

そうした難民の受け入れについても考えておかなくてはならないでしょう

さらに言えば、朝鮮半島有事があった際には、中国の動きにも注視しなくてはいけません

このどさくさに紛れて、中国が何らかの行動をとってくる可能性があります

そうした中国への警戒も怠らず、行動してきたらどう対処すべきかを想定していなくてはいけません

日本では一私学の問題で時間を浪費してしまっていますので、こうした重要な問題について真剣に考えていかなくてはならないでしょう

関連記事





6 件のコメント:

寅 さんのコメント...

いよいよですね。

匿名 さんのコメント...

本当に、風雲急を告げているような状況ですよね。
一私学の問題ばかり騒ぎまくって本当の日本の危機に気づいていない愚かなマスゴミは滅びたらどうですか?
化学兵器や核兵器の搭載されたミサイルが日本に着弾したら大変なことですし、朝鮮半島からの難民が押し寄せて来るのも困りますし、そのようなことを考えただけでも恐ろしいことです。
また、そういう事態になったら中国が何をしてくるかも分かりませんし、いろいろな事態を今から考えておかなくてはならないわけですが本当に吐き気がするほどの悪夢ですね。
そういうような日が来ないことを祈るしかないです。

匿名 さんのコメント...

「恐怖‼」の一言に尽きます!

匿名 さんのコメント...

国内にいる北朝鮮人の動向も気になるところですね。
いざコトが起きれば日本国内で彼らが暴れる可能性も否定できないかと。
噂の範疇を出ない、ネットで囁かれる話ですが、阪神大震災で彼らのアジトである建物が崩壊し、大量の銃器・爆薬の類が見つかったとか…
公安は既に彼らをマーク済みであると信じたいです。

匿名 さんのコメント...

今世界は、暴力には暴力で、という流れに完全にはまりつつあります。
 暴力に対向するのは決して暴力ではないと思います。ただ破壊が拡散するだけです。そう思う方々もいると信じたい。一人一人かわ平和、思いやりの心を持つ事が真の解決になると思う。やられたら
やり返すは、どんどん怨みが高じるだけです

Unknown さんのコメント...

久しぶりです。先生。
やはり、まだまだ戦乱の世は続きそうですね。
と言っても、戦争を無くす方法はいくつかあるのですが、かたちになりにくいだけでして。先生も、薄々気づかれているのではないのでしょうか。
負の欲望が、この地球の敵であるという事を。