2013年12月15日日曜日

ピース又吉と太宰治との不思議な縁



お笑い芸人のピース又吉さんは読書家で、特に太宰治さんが大好きだそうです

高校卒業して上京するときに不動産に住む所を探して入ると、三鷹に一軒だけあるよと言われ、そのままそこに決めたそうです



そして近所を散歩していたら、桜の木が見えて、何かと思って見に行くと、そこはお寺で、お墓があったので何の気なしに手を合わせて帰ったそうです

その後に三鷹に移り住んで、「そういえば三鷹は太宰の縁の地だな」と思って、お墓参りをしようとおもって調べると、初日に何の気なしにお墓参りした桜の木のある場所のお墓こそ、太宰治のお墓であったそうです

さらに図書館で太宰の住んでいた場所を調べると、又吉さんが住んでいた三鷹のアパートの住所そのものだったといいます

又吉さんのおばあちゃんは沖縄に住んでいるそうですが(ちなみに又吉という苗字は沖縄に多くいらっしゃします)、その家がCMに使われることになったそうです

そのCMを見ると設定が太宰治の『走れメロス』を題材にしたもので、又吉家の表札が「太宰」にかわっていたそうです

これは何か運命があるのではないかと思った又吉さんは、前世が見えるという霊能者に聞きに行くと、又吉さんの前世はバッタだと言われたそうです(笑)

実際には人間の前世が昆虫と言うのはありえないと思います。普通は人間は人間で生まれ、まれに地球以外の星で、知的生命体として生きていたということがあるくらいです

ですので又吉さんの聞かれた霊能者さんはおそらく偽者かと思われます

太宰治さんと又吉さんの霊的なご縁は、深いものがあるでしょう

最後は入水自殺をされた小説家の太宰治が、今世はお笑い芸人として生まれていたとしたらそれは面白いですね


※その他の有名人の方の前世につきましては「有名人の前世まとめ」に記事のリンクを集めていますので参考にして頂ければと思います

関連記事



0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます