2018年3月30日金曜日

不幸になりがちな人の共通点とは?スピリチュアルな視点から見る不幸になる人の思考パターン


人は同じような経験や環境にあっても、その考え方によって、幸せな人生を歩んだり、不幸な人生を歩むことがあります



同じ状況に置かれたとしても、その人の思考パターン・考え方によって、幸・不幸が別れてくるのです

不幸になりがちな人の考え方の特徴として、否定的な情報ばかりを集めて心に持ち続ける傾向があります

人から言われて傷ついたこととか、悪口などをずっと引きずって、人が集まっているのを見たら「また自分の悪口をいわれているのではないか?」と疑うような考え

悲観的なニュースが流れるのを見て、自分の将来が不安になり、ずっと心配ばかりが頭を離れない

過去の失敗を引きずり、「自分はダメなんだ」と自己否定的な考えを持ち、「また失敗するのではないか」と恐怖におびえる

自分の欠点ばかりが気になり、「自分は頭が悪い」とか「私はブサイクに生まれてしまった」とか、悪いところばかりを拡大して思い込んでしまう

このように悪い情報や、否定的な考えばかりが頭をよぎって、明るい希望や、ありがたさに感謝する心を失った状態の人は不幸なパターンに陥りがちな方です

悲観的な考えを持っていると、世の中は暗くて辛い世界となっていきます

人はその考え方によって、現実に生きる環境を形作り、思っていることを引き寄せていきます

ですので暗く否定的に考える人には、暗い現実が引き寄せられていきますし、明るく前向きに考える人には、明るい未来が訪れます

不幸に陥りがちな人は、否定的な情報への感度が磨かれていて、鋭くなりすぎています

よいことを言われたらスルーして、少しでも悪いことは逃さずキャッチしていては、世の中は嫌なことだらけに感じてしまうでしょう

たとえば「あなたは面白い顔をしているね」と人から言われて、『自分は恥ずかしい容姿をしているのか』と思ってショックを受けて、人から変にみられていないか気になってしまう場合もあるでしょう

その時に「あなたもとてもユニークですね」と切り返していたら、なんとも無かったでしょう

同じような状況にあっても、その対応や感じ方によって明暗が分かれるのです

ですので、「こんな事があったから」とか、「人からこう言われた」などと不幸の原因を周囲に求めてはいけません

「自分が不幸なのは周りのせい、人のせいだ」と言い訳の人生を生きていると、その境遇から抜け出せません

「自分の家はお金が無くて、そのため良い大学に行けなかったから、良い職場にも入れずに、そのため不幸なんだ」という人もいます

そのように言い訳をして、自分を慰めようとする気持ちもわかるのですが、そんなことをしていては、いつまでたっても境遇は変わらないでしょう

本当に大学に行って学びたいのなら、社会人になってからでも行けますし、自分で起業することもできるでしょう

ろくに学校に行っていなくても、大企業を起こされた方はおられます

パナソニックの創始者の松下幸之助さんは、「貧乏で学歴もなく、体も弱かった。だから成功した」と語っています

「貧しかったからお金の価値がわかった。学歴がないから自分より優秀な人の力を借りた。健康でなかったから人に任せるしかなく、結果的に部下が育った。」というわけです

普通ですと貧しかったことや、学歴の無いこと、身体が弱かったことは、失敗の原因として挙げられる出来事ですが、松下さんはそれが成功の原因だとポジティブに受け止めています

同じような環境に置かれても、そこから生み出し、作り出すものは人それぞれに違ってきます

お釈迦様の教えに「同じ水を飲んでも、牛は乳を作り、蛇は毒を作る」という言葉があります

人もまた、同じ環境の水を飲んでも、不幸を作り出すものもおれば、幸せを作り出す人もいます

何を作り出し、生み出していくかは、環境や人のせいではなく、自分自身の考えの力にかかっているのです

関連記事



1 件のコメント:

  1. 自分は、嫌なことを引きずるので、良くないですね、 気持ちを切り替えて頑張ります。 心に響きました。ありがとうございます。 

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます