2014年11月1日土曜日

世界平和実現のために必要なこと 国連改革


世界平和と国連


現状の世界のありかたを見ると国連は世界の平和に役立っていないように見えます

そもそも、国連の原語United Nationsは第二次大戦中の枢軸国に対する「連合国」を指しており、アメリカ合衆国、イギリス、ソビエト連邦、中国、フランスなどの連合国が元です

つまり第二次大戦の戦勝国が、自分たちの都合のよく世界を支配するための組織が今に続く国連の実態です

国連の言う国際平和とは、二度と連合国に戦争を仕掛けるような国が出てこないようにという意味になります

常任理事国には拒否権があるため、アメリカ合衆国、イギリス、ロシア、中国、フランスのどこかの一国でも拒否すれば発議をとめられるようになっています

シリアで内戦が起きて多くの国民が犠牲となっているにもかかわらず、国連が仲裁できないのも、常任理事国である中国やロシアが介入を嫌がっているためです

中国が嫌がるのは、中国自体がチベットやウイグルなどで、シリアと同様に弾圧をおこなっているため、シリアを批判すれば、同じ理論で中国自身も批判の対象となることをおそれるためです

このように、現在の国連の常任理事国の制度そのものが世界の平和に役立たないものとなっています

ほんとうに世界平和を考えるのなら国連そのものを改革していく必要があります

案としてひとつに、常任理事国の拒否権は一国のみで発動できるのではなく、理事国の多数決で決議されるようにすること

もうひとつは、常任理事国そのものを廃止し、選挙で選ばれた理事国によって運営されること

上記への国連改革の移行過程として、常任理事国の枠を増やしていくのがよいでしょう

いきなりそうした変更は抵抗があって出来ないでしょうから、暫定的に常任理事国を増やして、今の国にプラスして日本、ドイツ、インドなどが加わるなどの増員案がよいかと思います

そして最終的には、常任を廃止して、選挙によって理事国を選び、その理事国の多数決で発議の可否を審議するシステムにすべきです

世界の恒久的平和のためにはそうした国連の変革がどうしても必要です

私たちは、このまま戦乱の世の中を享受しつづけるのか、それとも真に世界の平和に向けて変革していくのか、その選択をすることが出来ます

もうひとつ出てくる議論として、理事国などを選ばずに、すべてを各国の投票によって選択していけばよいのではないかという議論が出てくるかと思います

一国一票で平等にやっていくべきだという意見ですね

いま世界では先進国と呼ばれる発展した国よりも、途上国と呼ばれるまだ貧しい国が多数です

そうした現状で一国一票で世界を動かしていくと、豊かな国は貧しい国に富を分配すべきだという意見が強くなっていくでしょう

そうするとどうなるかというと、先進国は努力しても富を取られ、途上国は努力せずに得られるようになります

たとえば、日本でも生活保護の不正受給などが問題になりましたが、一生懸命働いても税金など沢山とられる一方で、努力しない人が保護を受けて楽な暮らしをしていれば、誰もまじめに働く人がいなくなってしまいます

そして、世界は豊かな国が無くなり、貧しい国だけになっていくでしょう

共産主義の国では富を平等に分配する考えだったのですが、実際にやってみるとみんなが貧しくなってしまいました

すべてを一国一票で選択していくと、共産主義といわれる国でおこなった結果が世界的に展開することになります

ですので、理想となる国を選挙で選んで、その国(理事国)をリーダーとして世界を引っ張っていってもらうようにしたほうがよいです


世界維新と世界平和


アメリカはスーパーパワーとして世界に君臨してきました
それが無くなり、あるいは弱体化することで、世界各地で新たな覇権争いが懸念されます

それを考慮して恐ろしい予想をたてることも可能ですが、もうひとつの可能性について書いてみたいと思います



各国が軍事力を誇示し、敵対国と果てしない軍拡競争に邁進するのではなく、世界的な合意のもとに中央機関に権限を譲渡し、国際紛争の解決を各国の軍事力でなく、その世界的な合意のもとにある機関の判定に委ねるという方法です

現在でも国連があるではないかと言われるかも知れません
たしかに国連には各国の紛争を解決するための国際裁判もありますが、裁判になれば負けるとわかっている国は裁判に判定を委ねようとはしません
二国間の力関係で問題を解決しようとするでしょう
そして今の国連は第二次大戦における戦勝国によって支配されています
彼らにとって都合のよいように世界を牛耳る考えのもとに出来ています
例えれば腕力の強い番長の言うことに皆が従うように出来ていると言うことです
戦争に勝ったから常任理事国になり、その一国でも反対すれば拒否権が発動されるのは間違いです
理事国を設定するのなら戦争に勝ったか軍事力があるかではなく、各国の投票のもとに選ばれるべきでしょう
力によって抑える国ではなく、多くの国が歓迎する国こそ選ばれるべきです

そうした民主的な機関を設立し、段階的に各国の軍事力を削減していき、中央機関は国際警察としての防衛力を持ちます
各々の国は今まで膨大な費用をついやしてきた軍事をもっとためになることのために使えるようになります
世界は国際紛争としての戦争を無くしていきます

こうした各国の権力の譲渡は不可能と考えられるかも知れません

ですが例えば日本でも同様なことを歴史的に成し遂げました
明治維新です

明治維新以前は各藩がそれぞれ独立した国として日本中にありました
お互いが勝手に他の藩に移ることも出来ませんでしたし、各地の大名のもとに軍事力である侍の組織がありました
徳川幕府はありましたが、中央機関というよりも覇権国家であったと言えましょう
徳川家は周囲の大名より一段と力のある大名の一つであり、独立した各国に影響力をもった国でした
今の世界でいえばアメリカがそれに近いと言えます
明治維新の時は黒船が来たりなど外圧を経験し徳川幕府が力を発揮できないさまをみて、維新の志士達がこれではいけないと考え、中央集権の国家を造る必要性を感じました
それは一部を単純化すれば、各藩ごとにある武力(武士組織)を解体し、中央政府が軍事力を持つというものでした

このような明治維新と同じく、今度は世界規模に拡大した維新をなすことを目指しています

各国は各国間の紛争の手段として軍事力を放棄し、中央機関へと問題解決を委ねるというシステムです

段階的に行われるでしょうが、各国の軍事力は縮減していき、国内の治安維持のための警察組織のみになり、核兵器や大量殺戮兵器は中央機関の管理下におかれ、やがては廃棄していきます

地球は各国間の戦争の無くなる星へと変わります

いずれはそうしたことが現実になっていきます

それを我々の世代で成し遂げるのか、子孫へとまかせるのかの選択になるでしょう

いまアメリカが衰退していき、世界の警察で無くなろうとする時代ですから、徳川幕府が求心力を失っていった幕末に世界情勢がなってきたと言えます
そこで各国が戦国時代のように軍事力を背景に覇を競うのか、明治維新のように各国が中央へと権限を譲渡して平和な世界を望むのか選択にあると思います

上記の「世界平和と国連」では、国連の改革案を述べましたが、もうひとつの選択として、新たな機関の設立を提示する必要もあるかもしれません




関連記事





2 件のコメント:

  1. この地球にそもそも180数カ国という固有の国の仕切りがあることにややこしさを感じ得ません。

    国連も、抜本的な改革が必要必須です。
    会議に出席するどの国も(特には常任理事国)、公的な正義観を胸に抱いて臨んでもらいたいと切に願いますね。
    自国が他国(民族)へ不当な攻撃侵略するような国などは、常任理事国に相応しくないことは自明の理です。
    ロシアさん、中国さん、恥ずかしい限りだと思われますが・・。

    返信削除
    返信
    1. 第二次大戦で勝戦国とされる国が常任理事国ですから
      もともと平和のための組織ではなかったので、抜本的に変えていかなくてはならないですね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます