2013年5月21日火曜日

中国に打ち勝つ方法

中国の暴走


中国の上層部は国内の不満をそらす為、軍事的緊張を高め煽っていると見られます

中国国内では暴動などが多数発生しているわけですが、それらを暴力的手段で押さえ込んでいます

中東でおこった民主化の波の影響や、雇用問題、格差問題などで中国では今後も暴動が増えていくでしょう

そうした中国国内の不満をそらすために、外国との戦争を仕掛けてくるという懸念が高まっています

かつてナチスは国内の不満をユダヤ人へと向けさせ、悲惨な結果をもたらしましたが、現在でも自国内の不満をそらすために、特定の国や民族に憎しみが向くように仕向けている国があります

中国や韓国もそうで、反日感情を煽ることで、国内問題から目をそらして、政権浮揚に役立てています

中国トップの思惑としては、日本との局地戦を演出し、勝利して手柄(領土等)を得られれば、英雄的人気を得られると考えているでしょう

ですが、現在のところそれを阻んでいるのが、日米同盟なのです

中国にとっては何とかして日本とアメリカを離間させたいと願っています

日本国内での米軍反対の運動の影にはそうした中国の思惑も潜んでいることでしょう

基地反対運動に参加している多くの方々は、おそらく平和運動だと思われていることでしょうが、実際には中国の思惑に従わされている結果となっています

米軍が撤退すれば、代わりに中国が押し寄せてくることになります

日米同盟は非常に重要ですし、今後も堅持していかなくてはならないと思います

以前の記事で書きました、沖縄沖の海底油田を日米共同で開発する案も、日米同盟を強固にするための方法のひとつです

アメリカは財政問題により、軍備予算などを削減し、世界的に撤退ムードにありますが、共同開発案はアメリカにも経済的メリットをもたらしますし、日本としても国境付近の安全をアメリカに強く保護されるメリットがあります

そして、いままで外国に頼っていた石油資源の確保が出来るメリットはとても大きいですし、もちろん経済的なメリットも大きいです


中国との友好について


米軍基地反対される方の意見として、よく「中国を敵視せずに友好的に交流すべきだ」というものがあります

もちろんそうなるのが最もよいですが、友好的になるには相手方の思惑が重要です

こちらが交際したいと一方的に思っていても、相手の異性がホストやホステスのようにこちらの好意を利用して金銭などの利益を得たいとしか思わない相手ならば、好意は実を結びません

相手に好意を持ってもらうために、これだけ貢いだから、相手がこちらの思い通りに慕ってくれるといくら望んでも、相手にはいい鴨としか思われていなければいくら貢いでも駄目でしょう

今の中国に友好的に接すれば日本に好意的になると考える方は、ホストやホステスにはまって周囲が見えていない状態に同じです

もう一つ卑近な例をだして説明します

N君というおとなしくてクラスで孤立しがちな学生がいたとします

N君の隣の席にはこわもてのC君が座っているとします

N君はクラスで番長のようなA君と仲良くしていました

ですが隣のC君はN君とA君が仲良くしているのが気に入りません

N君は隣の席のC君が怖いので機嫌をとるために、A君とは縁を切って、C君と仲良くするようにしました

すると今までA君が怖くてN君に乱暴していなかったC君は、N君にお金を持って来いと言いはじめました

N君はそれでC君が仲良くしてくれるならと思ってお金を渡します

するとC君はますます調子に乗ってN君にもっとたくさんお金をよこせと言いだします

N君はA君と仲を切ったのでもう誰も助ける人はいません

仕方なくN君はC君に言われるままお金を出し、C君に怯えながら奴隷のように命令に従わされて暮らさなくてはならなくなりました

こうならないためにN君が取るべきだったのは、C君が怖いからと言って機嫌をとることではなく、A君や他のクラスの人達と仲良くしていくことでしょう

この例えではN君が日本、C君が中国、A君がアメリカです

日本がアメリカの基地を追い出し、中国と友好関係を結ぼうとするなら、N君と同じ運命をたどるようになるでしょう

そうならないためには、アメリカとはより友好を深めて、さらに同盟国を増やし、自国もイジメられないように体力(防衛力)を増やすことです


中国とナチスドイツ


以前に海上自衛隊の艦船に中国が射撃管制用レーダーを照射した事件がありました

日本ではなくてアメリカであれば反撃していた可能性もある危険な挑発行為です

尖閣諸島近海への領海侵犯も頻繁に行ってきており、中国は徐々に行動を強めていって、日本や米国のリアクションを確認しているのでしょう

日米が弱腰な態度を取り続けるのか、強硬な姿勢を見せるか見ているということです

まだ大丈夫だ(弱腰外交が続く)とわかれば、更に駒を進めるわけです

いまの中国の動きを見ると、第二次大戦前のナチス・ドイツの動きを思い起こさせます

1933年にヒトラーは政権を獲得すると、36年にはラインラントに武力進駐しました

当時のラインラントは非武装地帯と定められていたのですが、約束を破ってドイツは駒を進めたわけです

それについてフランスもイギリスも強硬な姿勢を見せませんでした

第一次世界大戦が終わってから、ヨーロッパでは反戦ムードと平和主義が広がっていました

ですので、ドイツの挑発にも、他の国々は弱腰で、なるべくことを荒立てないように処置しようとしたのです

ナチスドイツにとって初動次期の軍事行動であるラインラント進駐は、ヒトラーも恐る恐るだったらしく、二三日眠れぬ日が続いたといわれています

ナチスの挑発行為への弱腰の対応が、ナチスに誤った自信を与え、その後に続く侵略の基礎を作りました

第二次大戦は平和主義が招いたものだとも言われています

「もう戦争はこりごりだ」という平和主義により、侵略の意図を持つ国に弱腰であたったために、暴君を付け上がらせて野望の火に油を注ぐ結果となりました

まさに、現在の日本と中国の動きを表しているように思えます

その後ドイツは、37年スペイン内乱介入、38年オーストリアの併合、39年春チェコ併合していきます

ここにいたっても英仏は弱腰であったため、ヒトラーはポーランドに侵攻しても、英仏との戦争には至らないだろう、と思っていたようです

もし、ラインラント進駐の時点で、ドイツの暴走は許さないと各国が強固な姿勢を見せていたなら、ナチスの暴走や第二次世界大戦は避けられていたかもしれません

日本も敗戦にこりて、平和主義な国ですけど、その平和主義が、野心を持った隣国の挑発に弱腰で挑むことにあるなら、かえって戦乱を引き込む結果となるでしょう


中国の暴走を止めるために


上記の記事でナチスドイツと中国について書きました(中国とナチスドイツ)

両者ともメディア統制を行って、自由な思想や言論活動が妨げられています

そして、ナチスは自由な国家であったフランスの文化人や言論家を凋落して、ナチスに親和的な人々をフランス国内にたくさん作って油断させると、あっという間にフランスを侵略し占領しました

中国もチベットを侵略するときは、チベット内に反米親中の主張を広めて、油断させといて占領しました

中国のチベット侵略占領は現在も続いております

こうした自由の無い国家では、言論の自由のある国家の、自由な思想や言論活動の出来ることを弱点と見て、まずは思想面から攻略して、その後実際の侵略を始めます

日本においても、基地反対などの反米活動が活発になされておりますが、その背後には中国の諜報活動が暗躍しているのは間違いないでしょう

日本からアメリカさえ出て行けば、中国にとって目の上のたんこぶを取り除くように、厄介者を排除して有利に動けるようになり、日本への侵略が可能となってきます

基地反対などの一般の参加者は平和を望んでのことでしょうが、実際は中国の裏の活動に乗せられて、踊らされている結果になっています

中国がナチスのように今後も暴走を続けないための封じ込めを考えるべきでしょう

中国は広大な領土を保有していますが、それが弱点でもあり、多くの国と国境を面しており、防衛線は長大な距離になります

特に、ロシアとインドは中国にとっても厄介な隣国でありましょう

ですから、日本は、アメリカとの友好を今後も継続しつつも、ロシアとインドとの協力関係を強めていくべきです

日本の領土が何らかの侵略を受けたときには、アメリカ、ロシア、インドが協調して動くとなれば、中国は駒を進めることが出来ません

日本の領域に侵略しているうちに、ロシアやインドが侵略してきたら防ぐのは難しいですから

日本は、アメリカに続き、ロシアとインドとも協力関係を深めていき、東南アジアの諸国とも連帯しながら、中国を封じ込める作戦をなしたらよいでしょう

それによって、ナチスに弱腰であたったために暴走させてしまった、第二次大戦時の悲劇を繰り返させずに、平和を得られるでしょう


中国に打ち勝つ方法


北朝鮮が崩壊してもその後を中国共産党の傀儡である政権が発生する可能性があります


北朝鮮の金政権を打倒する見返りに、韓国から米軍を撤退させ、実質的に中国が支配力を持った国を作り出すプランです

それが成功したなら、韓国も親中の国家として染まり、朝鮮半島はほぼ中国の支配下に置かれる形になります

朝鮮半島でこのような事態になるかは、予断を許しませんが、中国は着々と歩を進め、自国の版図と支配力を強める戦略を行っているように見えます

一方の日本はというと、すべて後手後手の対応であり、何か事件が起こったら、その場の思いつきで対処するを繰り返し、なんら定点、長期的視野がありません

戦において、先手をとることが、自国が有利に自体を進めるのに重要であり、後手に回ったものが、非常に不利な戦いを強いられます

ナチスドイツも、自分たちが電撃的に侵略を開始した場合は、先手であり強かったのですが、イギリスのような気概を持ったチャーチルがあらわれ、攻撃を仕掛けられると敗れていきました

チンギスハーンは巨大な帝国を築き、連戦連勝でものすごく強い軍団であったと思われますが、これも、他国が備える前に先手を打って侵略した戦において強かったのであり、逆に相手から攻撃されたパルワーンの戦い等では敗れています

自分から攻めた戦いでは勝つものの、逆に相手から攻撃を仕掛けられた場合は敗れているのです

こうした侵略者が、戦で勝利をえるのも、相手国に対して先手を打って戦いを仕掛るので、自分の有利に戦いを進めたからです

戦においては、いかに相手より先に駒を進めるかが極めて重要なのです

ですので、現在は直接軍事衝突は少なくなっていますが、外交等の戦略により、敵国を手に入れる戦いというのはあり、先手を打って仕掛けてくる側が圧倒的に有利であり、それについて防御しか考えない側は圧倒的に不利な立場にあります

中国は先手を打って国際情勢での駒を進めておりますので、日本が何もせず、ただ黙ってそれを防御する立場にいつつければ、いずれは中国の支配下におかれていくことでしょう

中国を攻略するための方法は以前に何度か書いておりますが、すこしまとめて書いてみたいと思います

中国は広大な領土を保有していることが長所でもありますが、防衛面で見るとそれが弱点になります

領土が広大だと、他の強国と隣接することがあるからで、それらの国が連合すると危険だからです

ですので、中国からすれば、そうした国々が連合しないように、離間作戦を行いつつ、各個に撃破していく戦略をとろうとするでしょう

そこで、中国を牽制するために日本が強く手を結ばなくてはならないのが、米国は当然ですが、インドとロシアが重要な地域です

先日も中国はインドとの友好関係をアピールしようとしましたが、インドと日本が手を組むことを恐れているこのと裏返しでもあります

日本は長年、中国を経済的に支援し、中国が成長するのを手伝ってきました

「隣国を援助する国は滅びる」とマキャべリは言っておりましたが、中国を援助し、成長させて、結果自身の領土を脅かされる事態を招いているいまの日本に当てはまります

これからは中国ではなく、インドへと経済的な交流をシフトしていくべきです

インドへとシフトすることで、中国を弱め、中国のライバルになるインドを大きくすることで牽制することができます

中国は、日本とインドの関係を裂こうとし、インドに経済的な協力関係を結べば、結局ライバル(インド)を強くすることになり、インドとの関係がこじれればインドと日本の関係はより深いものになる、ジレンマに陥るでしょう

中国を世界の下請工場として発展させてきた経由がありますが、これからは国主導でインドへと移行させていくべきです

ロシアとも友好関係を結び、安全保障の分野にも結びついていかなくてはなりません

ロシアからエネルギーのパイプラインを結んだら、エネルギーの中東依存を脱し、安全面も強化でき、経済的なつながりも深まります

樺太から北海道に海底トンネルを引けば、経済と人材交流が進みます

シベリアの共同開発も手がけたらよいでしょう

このようにロシアと関係を深めていき、中国とロシアの関係を分断していかなくてはなりません

アメリカとも関係は堅持していかなくてはなりませんが、日本では反米的な意見が強くなってきているように思われます

米軍基地反対の運動の背後には、中国の工作も働いているのでしょう

アメリカとは、尖閣沖の海底油田を石油メジャーと共同開発するのがよいと思います

現在は精製するためのパイプラインを中国側に引いて、中国と共同で開発しようとする思惑もあるようですが、海上プラントを建設して、海上で精製して船でそのまま全国に届けるようにすすめたらよいと思います

米国では石油メジャーの力は強く、政治的に大きな影響をあたえていますから、アメリカの石油メジャーも共同で開発を進めるなら、日米関係はより強固なものになっていくでしょう

上記は、中国を包囲する周辺国との外交の話しですけど、内部からの分離工作もしていかなくてはならないでしょう

自由を味わった民衆を押さえ込むのは難しいと同じくマキャベリも似たようなことを言っていたと思いますが、イギリスから返還された香港などは、自由のよさを知っており、中国が内部に飲み込むことで、かえって内部分裂の芽を飲み込むことになります

香港以外にも台湾は将来的に飲み込まれる可能性のある地域で、現在も中国との関係が深いですから、こうした地域で、自由を尊重する勢力を支援し、協調していくことで、中国を揺さぶることができます

もちろん、チベットやウイグル等の自治区についても、独立を支援していきます

そうした周辺から自立を促すべく支援していく運動もありますが、中国国内でも共産党の腐敗、汚職や格差問題など問題を抱えていますので、汚職や格差問題等の中国の抱える問題を、中国内で情報を広く伝える働きをし、民主化を求める運動を内部で支援していくようにすれば、中国は内部から崩壊していくでしょう


厳しいことを指摘するのも愛である時もあります


会社などで部下を持つような管理職の人だったり、何らかの組織のリーダーとして活動した人なら分かるかもしれませんけど、誤りやミスを指摘すると大きく分けて二通りの反応をする人がいます

厳しいことを指摘され、自分のこと嫌って言っているのだとふて腐れる人と、自分のためを思って言ってくれてるのだと思う人がいます

ふて腐れるタイプの人は、自分自身を省みて直す事が無いため、同じような問題を起こしがちです

素直に聞き入れる人は、どんどん成長していって優秀な人材となって行きます


指導する側にも二通りあって、単に感情的に厳しくしたり怒ったりするタイプと、相手のことを考えて、いまは厳しくいったほうが相手のためになると思って言うタイプとがいます

もちろん優秀のなのは後者の人物でしょう

上記は企業や仕事などでの話しですけど、子育てでも同じことが言えると思います

親や先生に怒られて、ふて腐れるたり反発する子供。素直になおそうとする子供

親でも、単に感情的に怒りをぶつける親。子供のために必要だと躾ける親

たいていは、感情的にぶつける親には、子供も反抗的になっていきますし、相手のことを考えてここは叱った方がよいと考えながらしている親の場合は、子供もその場では反発するかもしれませんが、時間が過ぎて感謝することもあるでしょう

子供がたとえば道路に飛び出して遊ぼうとしていた場合に、親であれば当然叱るでしょう

「その子の悪いところを見てはいけない。悪口はダメだ。叱っちゃいけない」と言って自動車に跳ねられるまで黙っている親はいないでしょう

このように身近な例であれば、みんなも当たり前だと理解するのですが、話が大きくなって国家レベルになると、とたんに分からなくなる人がいます

このブログで韓国について厳しいことを書くこともありますが、その理由は何度も書いていますが、このままいけば、韓国は中国に飲み込まれて、北朝鮮のような国家になるが見えるからです

子供が道路に飛び出そうとするのは、車に跳ねられるのを分からないためで、親はそれが分かっているから、飛び出してはダメと厳しくいいます

同じように、韓国が日本やアメリカと離れて、中国と親密な道を選ぶなら、韓国民にとって悲劇が待っていることが分かっているからです

もちろん上での説明の通り、単に感情的に韓国を嫌って批判している人もいれば、韓国のためを思って指摘している人もいます

その違いが分からなくて、一緒くたにしてそれはいけないと批判する方がいらっしゃいます

中国についてもそうです

中国がチベットを侵略して、チベット民族を弾圧し虐待していることを批判しています

ウイグル=東トルキスタンについてもそうです

中国の悪口を言うなと批判する人は、自分の子供がよその子をイジメていても、そんなことはしていないと事実を塞ごうとしたり、不都合なことは耳にしないように気づかないふりをしている親のようなものでしょう

たとえ子供が可愛くとも、その子が他人を傷つけたり、悪事を働いている場合は、はっきりとそれは悪いことだから止めなさいと言うべきでしょう

同じようなことはお釈迦様も言われていました

お釈迦様がかつての弟子だった人に厳しく批判をしていると、聞いている人の中には、「悟られた人であるのに、そのような人の悪口を言うのはどうか」と疑問を投げかけました

お釈迦様は「子供が食べられないものを口にしたら、たとえ子供が嫌がろうと吐き出させて取り上げるだろう。そのように如来は、例え相手が嫌がろうとも、その過ちを指摘するのである」と言うような説明をしています

以上が中国や韓国のブログ記事に対する批判コメントへの回答です

関連記事



1 件のコメント:

  1. わたしなりの次元ですが、完璧だと思いました。

    書かれてある通りだと思います。キュービックの4面の色が、ぴたりとそれぞれ完成したようなイメージが湧いています。

    1人でも多くの人が読むことを念じます。
    念じるは今の心。こわい言葉ではない。書きながら思いました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます