2018年2月8日木曜日

天使の真実


先日は日本古来の神様や、仏教系の仏様、如来、菩薩などについて書きました



そうした神道系や仏教系以外にも、人々を導く優れた存在がおられます

ユダヤ教やキリスト教、イスラム教などで言われる天使という存在です

この三つの宗教では、神様は一人とされているため、そのもとで働く優れた霊を、天使と呼びます

天使には様々な階級があるとされ、多くの天使たちが存在しているとされています

実はこの天使と呼ばれる存在は、日本の神道における八百万の神様と同じ存在であり、さらに仏教における如来や菩薩と同様の存在です

それぞれの宗教によって呼び方が変わっているだけで、実は同じく人々を導いている、善良な優れた霊存在の事をさしています

地上では人間の理解の差によって、互いの宗派の者たちが対立しあっている場合がありますが、霊的には同じ存在が人々を助ける働きをしていて、それを各宗教の呼び名で呼んでいるという真実があります

こうした考えは日本の昔にもありました

日本の八百万の神々は、実は様々な仏(菩薩や天部なども含む)が化身として日本の地に現れた権現(ごんげん)であるとする考えで、これを本地垂迹(ほんじすいじゃく)と呼びます

たとえば、日本の皇祖神である天照大神は、仏教の大日如来と同一視されました

その他にも、素戔嗚命が牛頭天王と同一視されたり、大国主と大黒天、天手力男命は不動明王、天之忍穂耳命は弥勒菩薩などです

こうした仏教における仏さまと、日本の神様は一緒だという考えがあり、日本では宗教同士の戦争などが少なく、違った宗教が平和に共存してきました

上記の対比が正確かは分かりませんが、高級霊と呼ばれる優れた霊存在が、宗教の垣根を越えて、人々を導いてきたことは事実でしょう

天使たちは、私たちを守り導いてくれています

関連記事




↓ブログランキング参加しています。あなたに光が届きますように

スピリチュアル ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます