2018年2月13日火曜日

守護霊と指導霊の違い


守護霊さまというのは、私たち地上の人間ひとりひとりについている存在です



私たちの魂にとても近い、魂における兄弟のような存在です

彼ら守護霊が、地上の人間を導いている、個別の家庭教師のようなものです

地上の人間を個別に見ていて、それぞれの人に違った守護霊様がついています

人間の魂というのは、大本では根源の神仏より別れ出た魂なのですが、その別れの中でとても近い魂が、守護霊として存在しています

彼らは地球に肉体をもって降り立った、私たちを見守る役目をはたしています

さらに指導霊という存在もいて、彼らは地上の人間の役割に応じて指導しています

守護霊様というのが、個別の家庭教師だとしたら、指導霊様は音楽の先生や、絵画の先生など、専門的な部分に関して指導をされる存在です

地上の人間がたとえば、ピアノを学んでいて、将来はピアニストを目指していたとしましょう

その人の使命にあっていて、一生懸命に努力されていると、生前にピアニストをしていたような指導霊さまが降りてきて、霊的に指導をされるという事があります

他にも外国語を習得しようと頑張っていると、それに応じて、その外国語圏の霊人が指導されたりします

指導霊様というのは、生涯ずっとついているわけではなくて、その人が特定の分野で頑張っている時に、それをサポートする役割で、一時的に指導に入られます

そうした指導霊様のサポートを受けるには、やはり澄んだ心が必要ですし、昨日も言いましたよに汚れた心では、指導いただけないことがあります

あの世の霊人からすれば、私たち地上の人間の発する想念というのは、手に取るように分かり、ネガティブな思いを強く発していると、まるでドブ水に浸かっているように感じられ、指導したくても出来ないようになってしまいます

地上にいる私たちには、人の思いというのは見えず感じずらいため、どのような思いを発している人とも、身近に接することが出来ますが、あの世の霊人からすれば、人の思いとは手で取れるくらいにハッキリと感じられるもののようです

そうして悪い思いを発していると、次第に光の世界からの指導は失われ、闇の者が近づいてくることになります

関連記事




↓ブログランキング参加しています。あなたに光が届きますように

スピリチュアル ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます