2017年12月30日土曜日

真実のスターウォーズ 植物型生命体の惑星


映画スターウォーズは人気で、現在でも最新の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ 」が上映されています


「スター・ウォーズ」は、監督ジョージ・ルーカスによって生み出された、宇宙を舞台にした善と悪との戦いの物語です

フォースを操るジェダイの騎士と、暗黒面に堕ちた者との戦いが描かれています

フォースというのは、世界に偏在する架空のエネルギー体で、ジェダイらの常人的な活動の源とされています

実はスターウォーズに描かれているような、宇宙での戦争というものは実際に存在しています

幾つかの星系で戦争は行われて、悲しいことに、生命の存在していて星が、戦争によって滅びて住めなくなるという事も起きています

宇宙には侵略を繰り返す凶暴な種族もおり、やられるのは抵抗力の少ない弱い惑星の者たちです

たとえば、植物から進化した、百合の花などに似た植物型の生命体や、妖精型の宇宙人の住む星は、とても綺麗で調和された星でしたが、防衛力が無くて、侵略者に対抗する事が出来ずに滅びてしまったことがあります

彼らは善良で、宇宙の中でもとても綺麗な心を持つ種族だったのですが、外からの侵略者には弱くて、攻撃を受けてしまったのです

攻撃を察知して、友好的な善良な宇宙人のグループが助けに入ったのですが、何とか生存者の一部を救出するくらいがやっとでした

最新のスターウォーズの最後のジェダイでも、主人公たちが敵に追われて、数を減らしていきながら、何とか落ち延びようとする姿が描かれていましたが、まさにあのような様相でした

救助隊に助けられた者たちの一部は、この地球にも飛来して、人間として生まれ変わってきている者もおります

スターウォーズを面白い創作のSF話しと思て見ている人の中にも、遠い昔に、似たような経験をして地球に来たものもいるでしょう

調和された星であっても、防衛力などの備えがないと、交戦的な種族によって、侵略されてしまうことが起こるのです

それは地球でも、かつてのチベットなどは仏教が人々の間に根付いて、精神的で善良な人が多かったのですが、悪意を持った隣国の中国の意図が見抜けず、容易に侵略されて国を奪われてしまうことがありました

そのように、地球でも国が侵略され、滅びてしまうケースもあるように、宇宙でも侵略をしてくるものと、それらから有効な星を守ろうとする者たちとの戦いがあります

ジョージ・ルーカスさんは、宇宙からのメッセージをインスピレーションで受けられていたのでしょうね

関連記事




↓ブログランキング参加しています。あなたに光が届きますように

スピリチュアル ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. 今回のスターウォーズ(最後のジェダイ)は、レジスタンスが希望の火花であるから生き延びるというところが胸にグッときました。
    最後まで人々の希望になっていく姿は、きっと神の世界から見ても輝いて見えるのだと思いました。そして、やっぱり善をすすめていく国を守ることはこの地球でも大事だと思いました。

    返信削除
  2. ルークの死に方に感動しました。
    座して死を待つよりも、自分の出来ることをしてから死にたいです。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます