2017年12月3日日曜日

疎外感や孤独感があったり、社会に馴染めない理由


周りの人とうまく馴染めなかったり、特に何があるわけでもないのに孤独をより深く感じて生きる人がいます



学校の中で友達と馴染めなかったり、社会に出てからも周囲に人の輪に入っていけないような人もいるでしょう

そうした人の中には、自分は世の中で不要な人間ではないのか?存在が無駄なのではないか?と自己の価値を低く見て、自己卑下してしまうこともあります

それはどうして起こるのでしょうか?

一つには、別の星から地球へと生まれ変わってきてまだ間もない時に、地上の人間生活にうまく馴染めずに、孤立するというケースです

地球とは違った価値観の中で生きてきたため、地上に降りて、その価値観の違いにショックを受けるわけです

調和された星で、周りの仲間たちと助け合って生きているのが当然の星からすれば、地球に来てみんなが自分の利害ばかり考えて行動していることに、ショックを受ける事もあるでしょう

そのように、地球に来てまもない魂は、地上の生活に慣れていないため、疎外感を味わったり、孤独を感じることがあります

それ以外の理由として、前世での体験が影響していることがあります

たとえば前世において、幼くして親に捨てられたり、死別するなどの別れを経験した時に、魂の記憶に深い悲しみが刻まれます

自分は親に必要とされなかったのだろうか?とか、何のために生まれてきたのだろう?という疑問を胸に抱くようになります

その傷が、今世では記憶がなくとも、何故だか自分は不要な人間ではないかとか、自己卑下の思いが出てきて、周りの人の輪にうまく入れないケースがあります

あるいは今世でそのような経験をしたり、両親や周りの大人たちから、否定的な言葉をずっと聞かされ続けて、それが呪いのようにして、自分に暗示としてかかってしまっているケースがあります

そうした時には、ネガティブな運命を解くために、自分にポジティブな言葉を言い聞かせて生きましょう

「自分は神仏の子である」とか「光を宿した存在なのだ」と言い聞かせて、否定的な考えを打ち消していくのです

そうしていくと、ネガティブな運命が好転していくでしょう

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

1 件のコメント:

  1. わー!これまんま私です☆

    小さい頃からの持病でいじめを受けたり、自分だけ異世界から来たような疎外感…。他人とは相容れないわ〜と孤独を好む性格になりました。前世では癩病を患っていたそうですσ(^_^;)

    でもこちらのブログやサロンでお勉強させて頂いて私を見守り励ましてくれる存在に気づく事が出来たので、自己否定や憐憫はもう辞めにしました。
    本当に有難うございます。

    1人が好きな性格は変わりませんが、私のイビツなハートは独自の屈折率を持って光輝いていると思うので、その光を個性として大切にしていきます。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます