2017年12月15日金曜日

松井秀喜さん前世はゴジラ?!


松井秀喜さんは日本のプロ野球選手の打者で、巨人軍の四番として活躍された後に、アメリカのメジャーリーグに行かれて、ニューヨーク・ヤンキースなどで活躍されました



愛称は「ゴジラ」で、国民栄誉賞を受賞されています

松井さんについて書いて欲しいという要望がありましたので、今日は彼について感じたことを書いてみます

昔の日本にお生まれになったこともあって、その時は僧侶をしていたようです

普通のお坊さんではなくて、槍の訓練をされていて、槍使いの達人となられています

私の知識の中では宝蔵院胤舜という方が、宝蔵院流槍術を完成させた人物として知られ、槍の名人とされる人がいます

この方か、その流れをくむ方かも知れません

修行や信仰心と、技を極めるという特質を持たれているのでしょう

さらに古代になると、松井秀喜さんは元は別な星から、この地球へとやってきた魂のようです

姿はというと、愛称で「ゴジラ」と呼ばれているそうですが、本当にそれに近い姿で、足の大きな恐竜にも似た姿をして、鼻先にサイのような角が生えています

やはりそうした愛称がつくのも偶然ではなくて、隠れた真実を言いあてている事もあるようですね

見た目は凶暴な姿に見えますが、力は強いですけど優しくて、信仰心のある魂のようです

映画のゴジラは、クジラとゴリラをかけ合わせて作ったように聞いていますが、実際に宇宙にいた存在からのインスピレーションを受けて作られたのでしょう

関連記事




↓ブログランキング参加しています。あなたに光が届きますように

スピリチュアル ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます