2017年10月9日月曜日

カズオ・イシグロさんの前世と宇宙時代の経験


ノーベル文学賞をとられましたカズオ・イシグロさんについて取り上げてみたいと思います
カズオ・イシグロさんは、長崎県出身の日系イギリス人小説家で、幼少期には長崎市内の幼稚園に通っていたそうですが、その後イギリスに渡られて小説家となられています

代表作には『日の名残り』や『わたしを離さないで』等があるそうですが、残念ながら私は拝見したことがありません

カズオ・イシグロさんを拝見していますと、西洋で修道士のような姿をされているのが浮かびます

アジアの方に当時出かけて行って、その地域の事を書いて報告書を出したりしていたようです

今でいえば紀行文のようなものですが、それで訪れた国の情勢を描いて報告するわけです

その時に、昔の日本にも来ていたことがあって、縁が出来て、今世は日本にお生まれになったのかもしれません

さらに遡って、彼の魂のルーツとなる前世として感じられるのは、宇宙時代の経験で、地球とは別な星から来られた魂のようです

よく言われる宇宙人の姿としてグレイと呼ばれる者がいます

アーモンドの形をした目に、子供ほどの体形で、大きな頭と細い手足が特徴の宇宙人です


こうした姿に近い生命だったのではないかと感じます

どうもグレイと呼ばれる宇宙人は、別な宇宙人からの遺伝子操作で作られたものであったようです

直接クリエイターの宇宙人がいけないところなどに、彼らグレイが派遣されれたりいたします

彼の場合は優秀で、宇宙船の書記官のようなことをされて、航海日誌をつけて訪れた星の観測データを送る役目をしています

カズオ・イシグロさんの作品には、臓器提供のために作られたクローン人間が登場したり、主人に仕える優秀な執事について書かれている作品があるとのことです

これらは、クリエイターの宇宙人によって生み出されたグレイと呼ばれている存在の名残の記憶なのかもしれません

グレイは別な宇宙人によって作られた、半生物・半ロボットの存在であり、主人に仕えるようにされています

そうした宇宙時代の記憶が、作品に影響したのかもしれませんね

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます