2017年9月4日月曜日

核戦争の勃発もアメリカが核攻撃の可能性


北朝鮮による核実験を受けて、トランプ大統領は、米国が外交、通常・核戦力などあらゆる能力を使って米国の本土、領土、同盟国を守る責務を果たすことを再確認したとホワイトハウスから報じられました

これはどういう意味かというと、トランプ大統領は北朝鮮への攻撃に、核兵器による攻撃を検討していることを示しています

北朝鮮は核兵器の開発を進めていますが、その報復として、アメリカが核による攻撃もありうるという事です

もし北朝鮮とアメリカとの開戦した場合、北朝鮮の軍事施設や装備を、すぐに破壊して使用不能にしなくてはならないからです

それは、もし破壊漏らしがあったら、そこから北朝鮮が反撃して、日本や韓国にミサイルなどを打ち込むと、同盟国に多大な被害が発生するため、電撃作戦でほぼすべての軍事施設をすぐに沈黙させなくてはなりません

通常兵器での攻撃では、どうしても撃ち漏らしがありえるため、北の施設を徹底的に破壊するための、核兵器による攻撃を想定していると言えるでしょう

かつて第二次大戦の終わりに、アメリカが日本の長崎と広島に対して行った核攻撃は、それ以降、敵国攻撃として使われることはありませんでした

それが今回は行われる可能性が高まってきています

トランプ氏は使用を考えており、周囲はやめさせようとしているところでしょう

それはもう近づいていると感じます

日本も対岸の火事ではなく、テロ等の何らかの被害を受ける可能性が高いですので、心の準備はしておいた方がよいでしょう

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

6 件のコメント:

  1. 関東の米軍基地近くに住んでいます。なんだかんだ言っても静かな日々でしたが、北朝鮮が核実験してから戦闘機で空がうるさいです。これで夜も戦闘機が飛ぶようなら怖いです。湾岸戦争直前もそうでしたから。

    返信削除
  2. 朝鮮戦争の時にそうだったように、大量の韓国人が日本に流入してくる可能性もあります。
    合法違法問わずに入国してくるためテロでなくとも犯罪が増えるおそれがありますね。

    返信削除
  3. 毎日拝見しています。
    この情報は大変貴重な情報だと思います。
    ぜひ誰も警告しない本当の事を
    この様に教えていただきたいと思っています。
    ありがとうございます😊

    返信削除
  4. いつも貴重なお話ありがとうございます。
    国を守ることはどういう事か自分なりに勉強しています。憲法を守れば平和になるというのは全くあり得ないことだと思います。
    日本人として戦後の間違った価値観とはもう決別したいです。

    返信削除
  5. バンカーバスターまで投下されると、半島はクレーターだらけ、残留放射線だらけの人が住めない土地になるのでしょうね。それでも日本は、半島からのボートピープルを上陸させてはなりません。

    返信削除
  6. 湾岸戦争以上の危機ですね。
    世界はいよいよ岐路に立たされていると感じます。
    金・正恩は核兵器さえ持てば、アメリカを脅して有利な交渉が出来ると考えたのでしょうが、トランプ・アメリカがそんな脅しに乗る国ではないことが分からないのが悲劇ですね。
    日本もアメリカも怖れているのは核戦争になった後のコト。
    北朝鮮全土が完膚なきまでに潰されるのは必定ですが、日本も韓国も無傷では済まないでしょう!
    それでも「脅しには乗らない!」という断固たる日韓(とくに日本!)の意思表示が、金正恩の正気を取り戻させる唯一の方策かと思います。
    金正恩が最後の最後に自国の民の命を守る決断をすることを祈らずにはいられません。
    ところで彼には日本人の血が流れているという噂を聞いたことがあるのですが‥、本当でしょうか?

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます