2017年9月15日金曜日

北朝鮮が日本へ核攻撃を予告


北朝鮮は北海道と青森の上空を通過する形で、また弾道ミサイルを撃ってきました

前日も同地域を通過するミサイルを撃っており、これが常態化するような危険性もあります

それに先立って、北朝鮮は日本にたいし「取るに足りない日本列島の4島をチュチェの核爆弾で海の中に押し込むべきだ。日本はこれ以上われわれの近くに置く存在ではない」っと日本に対して核攻撃をしかけるような予告をしています

北朝鮮が日本に被害が出るようなミサイルの打ち方をしているのは、日本以外に向けてミサイルを撃つと、報復される可能性があって北朝鮮は怖いからだといえます

北朝鮮の周りには、中国やロシアもあり、また、以前に宣言していたアメリカ領のグァム近海にも打てるのですが、そうすると報復の可能性があって怖いためしないのでしょう

日本に対してミサイルを撃っても、報復攻撃される可能性は無いため、好き放題にうってきているといえます

こうした北朝鮮の脅威というのは、もっと前から予見されていたことですし、いずれは核兵器や弾道ミサイルを開発して、いずれ平和への脅威になることは分かっていました

それゆえ、こうなる以前の段階において、政府も国民に理解を求めて、北の脅威に対応していくように準備を進めていくべきでした

残念ながら政治家も、票にならないと思って、こうした事態への対処は避けて通ってきていたツケが、いま回ってきているのでしょう

アメリカに対処してもらうしか打つ手の無い日本政府は、もうすこし大人になって、自分たちで対処できるように成長しなくてはなりません

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. 金氏の先祖は、金正恩のしていること、しようとしていることをどんな様子で見ているのでしょうか。

    先祖達は、死んであの世で自分や自分の家系の悪行を見せられ、思い知って我に帰ったのか、

    それどころか、ミサイルなどは応援してるのでしょうか。

    返信削除
  2. いつもありがとうございます。
    自分は先程、脱北者の方の告白を見てショックを受けました。想像する以上に、闇を抱えた国家であると。“誰も産まれた場所を理由に、迫害されるべきではない”この言葉に心を打たれました。
    悲しいことですが、洪様のおっしゃる通りですね。
    平和的解決を目指してきたつもりかもしれません。それとも何かを恐れていたのかもしれません。ですが間接的にでも、この問題を助長して来たのであれば…私たちは、真摯に反省すべきであると思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます