2017年8月16日水曜日

火星人の特徴と地球への影響


以前に火星は争いが絶えずに荒廃した星となったと書いたことがります

かつて火星には生命が繁栄していた時期があります

どのような生物かというと、地球では古代に絶滅した、恐竜のいた世界に近いと言えます

地球のティラノザウルスのような凶暴な恐竜たちが徘徊していました

かなり過酷な弱肉強食の世界が展開されていたようです

地球の恐竜もどうやら、火星から移植されたものがあったようです

ですので、地球でも弱肉強食の激しい時期というのは、火星の影響が強かった時代だと言えます

恐竜時代もそうですし、最近では戦国時代などの争いの激しい時代には、火星からの影響が強まっていたと言えます

そうした地球での恐竜の祖先とされるものも住んでいましたし、面白い生き物では、H・G・ウェルズの小説で、火星のタコの姿をした宇宙人が攻めてくる話を書いていますが、実際に巨大なタコに似た生命もいたようです

また恐竜型は、地球では知性が引くかったですが、もっと知能が進化した生命体の恐竜がいました

そういうことで、火星はマルス(戦いの神)の名前で呼ばれるように、争いや戦いのたえない星で、地球にも影響を与えた星でした

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます