2017年7月16日日曜日

道を開く力とは?


深い森に入り込んだかのように、迷いの中で立ち往生する人がいます

あるいは、頂上を目指して、成功の道を切り開こうとしてもがいている人もいます

どちらも道を切り開く力がなくて、現状を打破できずにいます

そうした時に真に道を開いていける力とは、情熱にほかなりません

世の中にはとても器用な方や、頭の良い方がたくさんいらっしゃいます

ですが、先天的に恵まれた才能を持っているにもかかわらず、なかなか成功しない人もいます

それは彼らに情熱や熱意が欠けているからでしょう

いくら頭が良くても、やはり熱意がないと大きな仕事は出来ません

逆境にある時に、道を切り開いて聞くためにも、成功の道を突き進むためにも、熱意が必要となってきます

日本において明治維新を成し遂げた、維新の志士と言われている方たちも、やはり単に頭がよかったわけではなく、私心を捨てて、公のために燃えるような情熱をもって事に当たったからこそ、あれだけの偉業をなしとげたのでしょう

どうして自分は道が開けないのか?不遇な環境にあるのか?っと悩んでいる人は、一度、その情熱に足りなさがないかを確認してください

燃えるような情熱があれば、分厚い鋼鉄の扉も、真っ赤に溶かしてつき進めるでしょう

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

3 件のコメント:

  1. 熱意や情熱を持ちたいと思っていても、今までの苦労から、なんだか疲れて情熱が出ない場合は、どうすれば以前の様な活動的な自分に戻れるか、もし良ければヒントを頂けますか?

    返信削除
  2. 「今自分が持っているモノに感謝…」
    ミランダ・カーさんの言葉も道を開くための言葉として受け取れますね。

    返信削除
  3. こんばんは。
    私事ですが、ある目標があり働きながら勉強をしています。しかし中々勉強に身が入らず、この記事ではっとさせられた思いです。情熱が足りなかった様です。洪さんのお陰で気がつけました。ありがとうございました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます