2017年5月24日水曜日

輪廻を繰り返し、魂の向上を目指す意味は


私たちの本質は、肉体に宿った魂であり、死後も魂は存続しています



あの世に帰ってから、また地上へと繰り返し生まれ変わります

様々な違った環境や役割を、生まれ変わって経験することで、魂は学びを深めていきます

そして偉大なる存在へと、自らを高めていくことを目指しています

人の魂は、仏への道を目指しているともいえます

ではなぜ、魂は向上を目指していくのでしょう

輪廻を繰り返し、魂の進化をしていく目的とは

それは魂の向上そのものが、喜びであり、幸せを内包するものだからです

幼い魂が、次第に学びを深め、偉大なる存在へと向上していくことが、喜びを伴うものです

たとえば、子供が生まれて、はじめは自分で動くこともできなかったのが、次第にハイハイが出来るようになり、立って歩くようになります

そして親を呼べるようになり、会話できるまでになります

そうした成長の一つ一つが、今まで出来なかったことが出来るようになり、成長を見せることが、喜びとなります

私たちをお創りになられた偉大なる存在は、私たちが成長していくことを喜びとして見られているということです

そして私たちも、成長することで、より大きな可能性を手に入れ、自由を創設していく喜びをえます

子供のころはまだ守らなければ危険がありますので、色々としてはならないこともあるでしょう

大人になれば自動車にも乗れるようになり、自由に好きなところに移り住むことも出来るようになるでしょう

そのように、魂も向上していくことで、より多くの権限と自由をえられるよになります

その分、自由に伴う責任も大きくなっていきます

魂は向上していくことに、喜びを内包している存在だということです

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

3 件のコメント:

  1. 生まれ変わりを望まず、あの世にずっととどまっている魂も存在するのでしょうか。

    返信削除
  2. テロが起きて悲しいです
    テロがなくなる事を祈ります

    返信削除
  3. 全ては天のお計らい。

    聞き覚えた知識ですが、こうして目にするとまた深く心に刻まれ新たな気持ちになります。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます