2017年4月28日金曜日

北朝鮮の攻撃に備えて


北朝鮮からのミサイルに対応して、日本でも防衛システムを米国から一時的にでもレンタルすべきであるという提案を先日しました

アメリカ太平洋軍のハリス司令官も在韓アメリカ軍への配備が始まった最新鋭迎撃システムTHAAD(サード)=高高度防衛ミサイルについて「日本も同じようなシステムを導入するべきだ」と述べています
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20170428/Tbs_news_89704.html

これはアメリカも日本への導入に異存はないという考えですから、日本からの要請があればすぐにでも配備してもらえるでしょう

残念ながら日本の政治家が動いていないと思われます

被害があってから想定外でしたなどと言うつもりでしょうか

国民側の備えとしては、以前に述べましたように、ミサイル攻撃に関しては、基本的に、地下施設に逃れるか、コンクリート製の堅牢な建物に逃れるくらいでしょう

ただ、ミサイル自体は撃墜出来るかも知れませんが、工作員によるテロ活動が、日本でも起こるでしょう

このテロ活動の方がより甚大な被害を日本にもたらす可能性があります

そのためテロ活動での被害の想定もしておかなくてはならないでしょう

実際に攻撃される場所の可能性としては、飛行機や電車、地下鉄などの交通網や、人の密集する場所、電気や水道などのインフラを狙う可能性があります

インフラへの破壊については、電気やガス、水道が止まてしまう可能性があります

そのため、民間で備えるのに、2週間分ほどの水や保存食を備えておくことと、携帯ラジオやライトと電池を持っておくのがよいでしょう

他にはライターや缶切り、ナイフなどが役立ちます

これらは天災等の災害時にも役に立ちますので、備えておくとよいでしょう

関連記事


↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

6 件のコメント:

  1. ミサイルと化学兵器では対処方法が違ってくるので、いつでも最新情報にアクセスてきるようにしておくことも不可欠ですね。

    返信削除
  2. 20代なので戦争体験はないですが
    教科書やテレビで見た事が本当に
    現実で起きるのは怖いです

    返信削除
  3. 北朝鮮は、おそらく、東京以外の大都市(大阪、名古屋等)を、見せしめとして何かするかもしれません。
    一般人の安全となれば、シェルターも欠かせないはずです。しかし、ニュースを見ると政治家達はどうもその事に余裕が回らないみたいです。
    それと、この前の記事で、努力というものが出てきましたよね。その努力に関する事で、面白い記事をネットで見つけました。「人は努力する事で悪人になる」というものでした。努力とは何を意味するかを考えるにあたって参考になりました。

    返信削除
  4. 写真は一見関係ないように見えますが、食料を備蓄してるんですね。

    返信削除
  5. 情勢が緊迫している中、準備が必要だということが理解できましたが、きっと多くの宗教者の方々も平和への祈りを捧げていると思いますので、こちらでも祈りを捧げることも御指南頂ければと思います。

    返信削除
  6. ねるとなあじゅ2017年4月30日 15:35

    韓国の大統領が、文とやらになれば朝鮮半島に北朝鮮が2つできる。その時アメリカは韓国を見捨てる。南朝鮮ができて、第二次朝鮮戦争になるかもしれない。

    翁長知事は、基地が攻撃されるから、観光の邪魔扱いするけど、人が集まる場所が狙われたら、どう責任をとるのかな。
    観光地ゆえの悲劇として、被害者ぶって観光地化を否定するのかな。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます