2014年10月18日土曜日

中島みゆき氏の前世・過去世



アンケートの質問にありました中島みゆきさんの前世について書いて見ます

中島みゆきさんはシンガーソングライターで「ファイト!」「地上の星」「わかれうた」「悪女」などの代表曲があります

敦煌という言葉が浮びます

砂漠地帯のオアシスで、シルクロードの中継地として栄えた地域です

仏教も盛んでありました

現在では中国の一部に入っています

この砂漠のかつて栄えた都市に彼女は生まれています

有力な名士の家に生まれて

あるとき旅人の一人に恋をします

ですが身分違いの恋であり

相手は遠くの国へと旅立つ定めです

中島さんの前世の彼女は

家出して彼と共に国を出て旅立つ決意をします

ですが彼は約束の日の前に遠くへと旅立ってしまいました

彼女を残して

そして人伝に残したメッセージでは、

いつかまた生まれ変わったときに一緒になりましょう でした

彼女は悲しみにくれて過ごしますが

親の決めた結婚相手の元へと嫁ぐこととなりました

そんな前世の彼女の姿が浮びます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

12 件のコメント:

  1. 悲しい・・・。
    そしてその後の転生で、再会を果たすことができたのでしょうか。
    大好きな歌手さんです。幸せになってほしいな。

    返信削除
    返信
    1. もちろん生まれ変わってめぐり合っているでしょう

      あえて悲劇の人生を生きることで、後の人生で人々を感動させられる歌をうたえる原動力となったのでしょうね

      削除
  2. こんにちは★

    長渕 剛さんの前世にとても興味があります。
    機会があれば、教えて下さい(*^^*)

    なんだかとても惹かれる方の一人です★

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      長渕 剛さんですか
      どのような転生をされているのでしょうね

      削除
  3. 自分の意識下では気づかなくても魂的には分かり合えるように思うので今生のどこかで巡り合えていたらいいですね。ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      ソウルメイトとの出会いは、何故か懐かしく感じられたり
      惹かれるものがあるのですね

      削除
  4. 洪さんのお持ちの能力、すごいわー。
    感動します。
    もし、そのうち「敦煌」という曲をみゆきさんが作られたら、洪さんのこのブログの読者は、それはもうびっくりしますね(゚д゚;)
    ワクワクする記事を、いつもありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      そういえば敦煌という映画に出られていた女優さんが亡くなられたとニュースを拝見しました
      そのニュースを見る前に記事を書いていたので、なにかシンクロのように思われました

      削除
    2. 洪さん、返信ありがとうございます。
      実は、わたくしも洪さんの記事を拝見させていただいて、コメントした後、ネット上のどこかで知り、なんかシンクロしているって思いました(*'o'*)。
      洪さんも気づかれていたのですね。
      洪さんの能力はやっぱりすごい。

      削除
  5. 中島みゆきさんに「HALF」という隠れた名曲があって、その内容のまんまなのでびっくりしました!

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      紹介ありがとうございました
      調べてみましたらたしかにそっくりですね
      今日の記事で紹介させていただきました

      削除
  6. 私は、すれ違いから、離婚届を書くまでの夫婦喧嘩をしました。

    別居中、中島みゆきさんの曲は、パワーソングだと聞いて、私はたくさんある名曲の中から「一期一会」という曲を聴きました。

    民族音楽のような曲調で、旅人に、「忘れないで、私のことより、あなたの笑顔を忘れないで」と唄われています。

    見たこともない空の色、海の色、月の下、枝の下、軒の下・・・

    洪さんのこちらの記事も併せて読ませていただき、名士の生まれ故に、愛する旅人と見た風景がとても新鮮に思えたのかと、私は勝手な妄想をしました。

    話は戻り、私たちの喧嘩は、ドラマチックでもなく、本当にくだらないことでした。つまらないことで意地をはり、その日限りでこの人生では離れ離れになることを考えましたら、後悔ばかりが私の胸に押し寄せました。

    私は夫側のお墓と義父母を訪ね、夫を呼び出してもらい、やっと言葉を交わしました。夫は、離婚話を本気にして出て行った私に、なぜだ!と自分自身にも腹が立っているのか、八つ当たりのような感じでしたが、言いたいことを我慢して謝り続ける私を許しました。

    無口な夫は、私だから自分を出すことが出来ているのだと思います。元に戻り、喧嘩できるのも幸せだと思います。いつも、ありがとうございます。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます