2014年10月23日木曜日

名曲「イマジン」とミリンダ王の問いにある問題点



昨日はジョンレノンとオノ・ヨーコの前世について書きました

ジョン・レノンの曲で有名な「イマジン」がありますが、このなかで天国も地獄も無いと想像してみてという歌詞があります


Imagine there’s no Heaven
想像して 天国はないと

 It’s easy if you try
やってみれば簡単

No Hell below us
下に地獄はなく

 Above us only sky
上にあるのは空だけ



この歌を聞く人に、天国も地獄もないと思わせるところがあります

それで昨日、ジョンレノンの前世は仏教で有名なミリンダ王ではないかといったのですが、その後に少し内容を読んでみるとイマジンと同じような問題点が含まれているように思われます

ミリンダ王に説法する仏教徒のナーガセーナは、オノヨーコさんの前世ではないかと書きましたが、この方の説では、魂は存在していないように思っているようなのです。

無霊魂説ともいいますが、魂があるように見られるが実際には無いように説いているようです

イマジンの歌詞も死後に魂が存在しないように人々に思わせますけど、このミリンダ王の問いという説法の内容も、魂が実在しないと間違ったことを広めてしまっている部分があるようです

はじめから知っていて両者を結びつけたのではなく、調べてみたら同じようなものがあったことを知りました

人々に大きな影響を与える魂ではありますが、魂が無いように思われたり、あの世もないと人々に思わせてしまった部分は問題があると感じられます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. ジョンとヨーコさんの記事、とてもとても感激しました!前世のことも宇宙存在のときから一緒だったことも、とても納得のいくお二人だと思います。死後の世界はない、魂はないというような認識を与えてしまったかもしれない、ということですが、とにかく今この時を精一杯生きよう、天国も地獄も、死後ではなく実はいまここにある(自分自身が創り出す)のだよというようなメッセージも含んでいたのかな、と個人的には思います。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      感動されましたか
      彼らだけではなく一般の私たちにも様々な人生ドラマがひめられているんですよね

      削除
  2. 現世に生きるオノヨーコさんは、愛するジョンレノンに先立たれ、魂が実在することやあの世はあるのだということを身をもって実感していらっしゃると思うのですが(たぶん…)、誰もが前世に強くもっていた考え方や価値観は今世の経験などで変えられるものでしょうか。また、前世より今世の方が少なくとも良くなっていくものでしょうか。良くしようという目的で生まれてきたはずだとは思うのですが。 いつも興味あるブログをありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      前世からの思い癖というのはなかなか変わらずに残り続けるもののようですね
      生まれ変わってよくなっていくかですが、よくなっていく人もいれば、悪くなっていく人もいるみたいです

      削除
  3. ジョンは途中無神論を語ったり、自分はキリストより人気があると言ったり、無神論を語りながら自分だけの新しい国を作る新興宗教のような話をしたり、問題があるような発言をして世間からも叩かれていましたね。イマジンはその頃の曲でしょう。しかし亡くなる前に作ったいくつかの曲の歌詞には「寝る前にお祈りしよう」「僕らの愛に神の恵みを」という言葉があり、意識が変わったのではないかと思います。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      ご本人たちが実際にどう思っていたかはわかりませんが
      有名で世間に影響が強いいほど
      世の中にどのような影響を多く与えたかが問われるのでしょう

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます