2014年10月19日日曜日

エボラ出血熱流行の背後にある邪神レプティリアンの存在


エボラ出血熱の感染拡大が続いており、封じ込めはいまのところ失敗しているといえます

もしもこのまま感染が拡大していってしまうと、世界的な流行の拡大・パンデミックと呼んでもいいレベルまで突入する可能性もあります

エボラウィルスについては米国のCIAによる生物兵器ではないかという陰謀論がありますが、わたしはそのようには見ていません

レプティリアンという爬虫類型の宇宙人について、影で人類の歴史に介入していると言う話もありますが、実際にそうした凶暴な宇宙人は存在しており、新型ウィルスの拡大の背後には彼らの存在があると思います

歴史的には神の言葉を聴かない人類に裁き罰する神の存在が多く語られます

洪水によってほとんどの人類を滅ぼしたとするノアの箱舟もその一類系でしょう

神様と言っても、じつは様々なる存在を一括りに捉えていることがあって、実際には別々の存在からのメッセージを、同じ神様と思って伝えていることがあります

人々がネガティブ系の宇宙人や神様とされるものにひかれて行くと、恐怖による支配や、隷属への道を進むこととなります

宇宙には邪神による植民地と化した星も多く存在いたします

現在では宇宙人の存在など一笑にふされてしまうことでしょうが、真実が知られなければ操られやすいでしょう

関連記事



ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

4 件のコメント:

  1. 今日初めてこちらのブログに出会う事が出来ました。
    過去の記事も読ませて頂いて、政治、経済、エネルギー、自然災害題等私の視点で感じていた問題点や進むべき方向をずっと一人胸の奥に秘めていた事がほぼ納得できる内容が記されており「やっと出会えた」と喜んでいます。
    これからも楽しみにしています。
    ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      どうもありがとうございます
      同じような感想をお持ちだったのですね
      これからもよろしくお願いいたします

      削除
  2. こんにちは。 いつもお邪魔しています。

    洪さんの真剣さに釣られまして、今回は率直な質問をさせて頂きたいと思います。
    「邪神レプティリアン」という地球に悪業を行う宇宙人とは、一体どのように戦えばいいんでしょうか?
    悪業を封じるには?
    情を持った人間とはもはや思えないテロリスト集団も、レプティリアンの様な存在が背後にいるのではないのですか?
    御回答を待っております。

    返信削除
    返信
    1. 地球人としては善良な宇宙の仲間たちに共鳴する人を増やしていくことが、敵対する勢力レプティリアンへの対抗策になります

      多くの人が愛や光の波動に共鳴されることを願います

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます