2014年9月19日金曜日

生命の重要な働き”酵素”



酵素というのは聞いたことはあるでしょう

最近は酵素ダイエットといって酵素ドリンクを飲んで痩せるなどで有名になっているようです



この酵素というのは人間の体内でも多種多様なものが作り出され、実に様々な
働きをしています

免疫力を高めたり、傷の修復をするなど、身体を回復させようとする働きも酵素が関わっています

以前に食事の食べ合わせなどで、消化によい物や食べあわせをすることが健康と深く関わるという話を書きましたが、食べ物を消化する際にも、人間の『身体は消化酵素を生産して、食事を分解しています

消化の為に酵素をたくさん使うことで、代謝など身体の修復や病気の治癒にエネルギーがあまり向かえなくなってしまいます

消化の悪いものを食べていると、身体の中では胃や腸がずっと働きずくめで活動して、食糧を一生懸命に分解消化しようとします

消化の方に力が使われている分、身体の回復などにエネルギーが向けられずにいるわけです

この消化酵素は人間が作り出すだけでなく、食べる食材に含まれています

以下に、消化酵素を多く含む食材を紹介いたします


たんぱく質分解酵素プロテアーゼを含む食品
キャベツ、セロリ、ピーマン、パセリ、生姜、にんにく、パパイヤ、パイナップル、キウイ、梨、バナナ、林檎

炭水化物を分解する酵素アミラーゼを含む食品
キャベツ、レタス、ほうれんそう、サラダ菜、モロヘイヤ、クレソン、スプラウト、ゴーヤ、かぶ、大根、アボカド、柿、ぶどう、林檎、メロン

脂肪を分解する酵素リパーゼを含む食品
明日葉、ほうれんそう、大根、セロリ、人参、キュウリ、トマト、イチジク、西瓜、梨


たんぱく質(お肉や魚、大豆など)と、炭水化物(ご飯、パン、麺類、イモ類)と脂肪を分解する酵素はそれぞれ違っています

上記に述べたように野菜や果物に酵素は多く含まれています

ただし加熱してしまうと酵素は働かなくなってしまうので、生で食べることで酵素を取り入れられます

朝食などには果物を単品で取るとか、あるいは夜に炭水化物やお肉を食べるときには、その前に生の野菜をとるようにすると消化の助けになります

ケイシーのリーディングなどでも果物は他の食べ物と一緒に食べずに単品でとるのがよいとされています。他の食事とは果物は一緒に取らないようにした方がよいです

炭水化物やたんぱく質を食べる前には、キャベツの千切りを食べたり、大根おろしや、スプラウトを食べるようにすると、消化酵素を取り入れて、消化しやすくなります

野菜ジュースや果実ジュースなどが売られていますけど、それらは一度加熱されていますので、それから酵素を取り入れるのは出来ないと考えた方がよいです

野菜果物以外にも、発酵食品には酵素が多く含まれています

納豆や漬物などは酵素を含んでいますので、これらを食べるのもよいですね

話題になっている酵素ドリンクなどは、おそらく乳酸菌や酵母菌による発酵ものではないかとおもわれますけど、それらは消化酵素もふくまれてはいますけど、消化の力は少なくて、合成する酵素が多く含まれるものかなと思います

酵母は糖からアルコール等を作り出す合成の力が強いもので、乳酸菌は乳酸を合成して、他の菌を殺菌する力があり、どちらも消化の力は弱いようにおもいますので、酵素ドリンクなどを飲まれるよりは、野菜や果物を日々取り入れるほうがよいです

消化しやすい果物や野菜を多く食べることと、消化酵素を取り入れるように考えて食事をすることで、健康にもよいですし、肌も綺麗になりますし、脂肪が多くある場合にはダイエットにもなります

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. すみませんm(__)m
    本名は、ホンジョンヘンと読みますか?

    返信削除
    返信
    1. こんにちは
      洪正幸というのはペンネームで本名ではないですよ
      普通の日本人です

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます