2014年9月6日土曜日

シェイクスピアの名言・格言



イングランドの劇作家、詩人‎「ハムレット 」や「 ‎ロミオとジュリエット」の作者であるウィリアム・シェイクスピアの名言を紹介いたします



小さなろうそくがなんと遠くまで照らすことか!
このように、善行も汚れた世界を照らすのです。



成し遂げんとした志を
ただ一回の敗北によって捨ててはいけない。



いかに美しいものでも行為によっては醜怪になる。
腐った百合は雑草よりひどい臭いを天地に放つ。



慢心は人間の最大の敵だ。



慈悲の本質とは、
強制されないということである。
それは恵みの雨のように、
天からこの大地に降り注ぐものだ。
それは、二重に祝福するもの。
与える者を祝福し、
そして受けるものを祝福する。
それは、最も偉大なる者にあると、
最も偉大な力になる。



世界は舞台だ、
誰もが何か役割を演じなければならない。



おまえは、
他人のなかにある自分と同じ欠点を
むち打とうとするのか。



愛は嵐の中でも揺らぐことなく
堅固に立ち続ける灯台だ。
さまよう小舟すべてを導く星だ。
その高さは測れようと、
その価値は測りがたい。



事情が変われば己も変わるような愛、
相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、
そんな愛は愛ではない。



失敗の言い訳をすれば、
その失敗がどんどん目立っていくだけです。



天は自ら行動しない者に
救いの手をさしのべない。



あなたがたとえ氷のように潔癖で
雪のように潔白であろうとも、
世の悪口はまぬがれまい。



愚者は己を賢いと思うが、
賢者は己が愚かなことを知っている。



人の傷を笑うのは、
傷の痛みを感じたことのないやつだ。



神は、
我々を人間にするために、
何らかの欠点を与える。




計算された恋は
卑しいものだ。


関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. ロミオとジュリエットの曲は辛かった時、誰が作ったか分からないけど、まるで、私の心が奏でてるように思えるほどにわかるよ、わかるよって言ってるかのように、私の心に寄り添ってくれました。スピリチュアル的な方だったのですね。感動です。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      ロミオとジュリエットの曲に癒されたのですか
      よい作品に出会えてよかったですね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます