2014年9月29日月曜日

両極端な思いが危険な方向へと進む



テレビで池上彰さんが右翼と左翼について解説しているのをチラッと拝見しましたので、今日はそれに関連する以前の記事を再掲載いたします

渡辺昇一さんは、戦中の日本の国家体制を社会主義であったと述べ、実態は左翼と同一であったと指摘していました

氏は「右翼も左翼も社会主義者は同じ穴のむじな。」と言っていたかと思います



結局、戦中の体制は右翼の台頭と考えられ、それに対する反対のものとして左翼的な思想があったように考えられますが、実際は両者は同一のもので、極端にぶれると同一の現象を現すようになる

国家の思想とは反対するものを許さなくなり、反する者を捕らえたり、拷問したり、粛清するなど、個人の自由を抑圧する方向へと行きます

先日書きました二極タイプと左翼右翼では、同様のことを人間の心理面から述べました

統制主義と自由主義」でも同様のことを書いています

また、「ヘルメス主義 2」では同一論と隔絶論という分類で自由を尊重する思想と、統制する思想の分かれる根源を書きました

政治思想として左翼系の方と、右翼系の方として対立があり、両者は互いを悪の元凶のようにみなしているかもしれません

ですが、両者の極端になっている者の共通点として、単純な二分法的思考が強く、自分が正しい、だから相手は間違っている。正しい自分の考え以外のものは許せないとなっていきます

そして、両者の共通点として、聴く耳を持たなくなり、思考が凝り固まったような感じで、客観的な判断は出来なくなってきます

個人の心理レベルで見ても、反省する心が無くて、いつも責任を他者に押し付け、批判するものは、自分の過ちには目を向けなくなります

一方で、自己卑下的でいつも悲観的な思考をもって、被害妄想を持っている人も、客観的な見方が出来なくなります

こうした一方は自己肯定・他者批判のものと、自己否定・他者肯定のものは、正反対の性質に見えますが、客観的に物事を捉えられなくなる点では共通しています

これが国家レベルで展開すると、左翼となったり右翼となったりするのですが、共通して反対する意見を受け入れなくなり、統制主義となっていくのです

自分とは違う意見や人の中にも、優れたものや、良きものがあると考え、多様なる価値観を認める思考から自由主義は生まれます

共産主義国家、社会主義国家では、優秀な官僚が計画し管理運営することで世の中はよくなると考えたのですが、実際は自由主義で個人が各々の考えで行動して経済活動をするほうが経済は発展していきました

この世の中には、単に善悪の違いだけでなく、多用なる価値観があり、それらは各々違ったように見えますが、虹が七色に分かれて見えてもすべてが光の現れであるように、それぞれが光を宿していることがあるのです

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

9 件のコメント:

  1. 右か左の判断も自分の立位置で変わりますよね~。
    右でも左でも愛国心の上に成り立つものですけど、日本の左に愛国心は
    ありませんね~。

    返信削除
    返信
    1. 自分のことが嫌いな人がいますけど、それが国家レベルでは自国を嫌うひとも出てくるんですね

      削除
  2. 精神的・スピリチュアル的観点からの回答と問題提起を成して下さり、 洪さんの説話は啓発的に為になっています。

    毎日 有難うございますね。

    右翼思想も左翼思想も、どちらも『未熟な人間中心主義』であるから極端な発想と言動となって現れてくるのだと思います。
    挿絵にあります中心軸の位置にある存在とは、 やはり敬天すべきこの世もあの世も創造為さられた創造主・神ではないでしょうか。
    第一に敬天ありき、だと思います。
    人間の小ざかしい思考でこの世の物事は計れません。
    図ろう(計ろう)とするから、ともすれば迷走いたしますね・・。(ヨブ記のように)
    決して人間の力だけで生きているわけではなく、 起こる出来事・大自然の営みの中においても神霊の働きが多いに有るわけですね。
    その辺りを悟ることがほんとに難しい。
    分からなくて人生が迷走してしまいかねないのです。
    具体的な現象結果として自殺や犯罪等は、迷走した結果ですね・・
    敬天の心と真理眼を養わなければ難しいものです。

    こちらのブログにおいての洪さんの発言は、一点の知慧の光を与えるものとなっていて読者の心を明確な澄んだ次元にまで引き上げて下さる力があります。

    時には寝床の枕元にPCを置いて眠気にウツウツとしながら「更新されたかな?!」 と何度もブログを開いてみたりして毎日の記事を楽しみにしています!

    お身体も御自愛下さいませ。
     







    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      いつもありがとうございます
      そんになブログを気に入っていただいてありがとうございます
      頑張ってこれからも更新を続けたいと思います

      削除
  3. 考えに囚われすぎたり、執着しすぎると、高い視点での視方、考え方ができなくなりますよね。。自分のサシで推し測ることが習慣づくと、自分の世界でしか生きられなくなります…(T-T)
    バランスを保つとは、他の物事を排斥せず一端受け入れてみるところから、なのでしょうかね(>_<)
    認められたいと我欲を張らず、サラサラ流るるセセラギのようにありたいものです(^-^;
    お勉強になります★

    返信削除
    返信
    1. 執着を手放して川の流れのようにサラサラと流れていくのは難しい境地ですがそうなりたいものですね

      削除
  4. そうですね
    想像では空も飛べますが、現段階人間やってる以上きびしいものがあります( ̄▽ ̄;)

    返信削除
  5. 私もお恥ずかしながら極端な物の見方で見ていました。
    けれど、マザー・テレサのこんな言葉に救われた気がします。

    「反戦運動などには参加しません。ですが、平和活動には喜んで参加します。」

    マザー・テレサのこの言葉はまさに核心をついてますね。

    返信削除
    返信
    1. 反対運動にはネガティブな想念が集まりやすいですからね
      そういうことを分かっていたのでしょう

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます