2014年8月7日木曜日

笹井芳樹副センター長の自殺について STAP細胞



先日の記事でも取り上げましたが、笹井さんの死について、もうすこし書き足してみます

彼の死について、STAP細胞が存在しないことの責任を取って、幕引きの為に亡くなったと言う人もいました

ですがこれは違うように思います



遺書のなかには小保方さん宛に「STAP細胞を必ず再現してください」という趣旨の言葉も在ったと聴きます

もしそうなら、笹井さん自身はSTAP細胞の実在を信じていたと言うことでしょう

おそらく笹井さんは論文に不備があったことは自分の責任として考えていたのですが、STAP細胞自体は存在するものと信じていたと思います

そして亡くなられたのが理研の施設内ということですから、何か内部に対する抗議の意味も含まれていたのかもしれません

自殺を考える場合、自分の責任を感じてということもありますけど、同時に誰かに対する抗議や恨みに感じていると言うこともあります

おそらく理研内部からマスコミに積極的にリークする裏切り行為や、あるいは意に反することを迫られたようなプレッシャーを笹井さんは受けていたのではないかと感じます

マスコミなどによる外からの攻撃と、身内からの裏切りや圧力の、両方からの板ばさみに合われていたのではと感じられます

そうした内部の者への抗議の意味も含めて、理研施設内で亡くなられたのかなと思いました

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます