2014年8月5日火曜日

STAP細胞 理研の笹井氏自殺について



STAP細胞の論文では小保方さんと共同で記者会見をされていました笹井芳樹さん亡くなられたとニュースで流れておりました

笹井さんのご冥福をお祈りいたします

彼は理研で再生科学総合研究センターの副センター長をされていて、今回のSTAP細胞の論文問題で、内からも外からも攻撃にさらされて、疲労困憊して亡くなられたのだろうと思います

内というのは理研内部からも小保方さんを切り捨てるような圧力があったのではないかと思います

先日はNHKの過剰な報道被害で、小保方さん自身も怪我をされるという出来事までありました

今回の件に関しても、過剰なマスコミのバッシングがその一因ではないかと思われます

STAP細胞問題は、現在その真偽を確かめるべく実験が為されているので、その推移を静かに見守っていることが筋でしょう

視聴率を取りたいがための取材合戦や、一方的な決め付けによる批判と言うのはするべきでないと思います

またマスコミの問題として、一斉に批判がなされると、それを見ていた視聴者などからネガティブな念が飛んでくることがあります

それによって当事者が精神的なバランスを崩したり、思わぬ怪我や事故や病気などを引き起こしてしまうことがあるのです

霊的な視点からすれば、そうした集合想念の扱いと言うのも考慮していただきたいところです

マスコミは現在の魔女狩りの機関となっているように見えます

政治改革等よりも真っ先に日本に必要なのはマスコミ改革なのかもしれません

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 真相はわかりませんが、どうみても笹井センター副所長さんと小保方さん悪い人には見えないのです。名誉とか儲けより難病の人を救う研究がしたい発見がしたい、世間を騒がせて申し訳ないと言う想いで今を必死に生きて滝がしてならないです。。。他の陰謀や牽制や魔女がりに疲れてそんな世の中に疲れてしまったんだと思います。。。ほんとうに気の毒でしかたありません。ご冥福をお祈りいたします。

    返信削除
    返信
    1. そうですね
      私も笹井さんや小保方さんは嘘をついてはいないように思います

      小保方さんあての遺書にも、再現実験に成功してくださいというような趣旨の内容もあったようですので、笹井さんは現実にSTAP細胞は存在するのだと思っていたのでしょう

      日本にとっても重要な方を失いました、とても残念です

      削除
  2. 今のメディアは過剰ですよね。いかにも世の中の悪だ!と言わんばかりに叩く叩く。今回のSTAP細胞だって、冷静に考えればそんなにいかにもな大罪か?というように。ま、メディアに踊らされる私がいるのも事実ですが…

    返信削除
    返信
    1. 中世の魔女狩りの復活が現代のメディアなのでしょうね

      おそらく未来の人類から見れば、現代のメディアは非常に野蛮なものだったと思われるでしょう

      第三者機関による有効なチェックが働くようにしなくてはならないでしょうね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます