2014年8月31日日曜日

事故や犯罪の多発する地域について


こちらも取り上げて欲しいテーマとしてアンケートで上がっていました

悲惨な事件や事故がおこる地域で「またあの地域で」というような、よく耳にする地域があります

実際に事件事故がよく起こる地域というのはあるでしょう

過去に悲惨な出来事が起こったりして、その時の想念や霊が未浄化なまま残っていたりなどした時に、また同じような事件や事故を引き起こしてしまうと言う出来事があります

例えば、私の見た事例では、クラゲのようにブヨブヨの黒い大きなモノがある人に見えて、どうも水難事故を呼び起こすような妖怪ともいえる存在になったもののようでした

心当たりがあるかその人に聞いてみると、近くに水難事故が多発する海岸があり、仕事の関係でよくそこを通ると言うことでした

おそらくその妖怪のようなものは、その地域で水難事故で亡くなられた方のうちのまだ浄化されていない霊が集まって出来たもので、また近くの人を呼びよせ手しまっているのではないかと感じられました

そのように事故などの多発する地域というのは、ネガティブなものが溜まってしまっている地域といってよいかと思います

そうしたネガティブなものが残り続けて、障りをなすというのは、その地域に住んでいる人々の心理がネガティブな思いの多い人が集まっているともいえると思います

逆に自然災害などでも、ある地域だけを避けるように被害が出ているところもあります

まるで目に見えぬものに守られているような地域というのもあるのですね

そうした地域に住む人は、おそらく善良な人が多く、また祈りを捧げる人も多く住む地域なのだと思います

良心的な祈りが捧げられている地域では、加護が働いて、災害が起こらなかったり、被害が少なくて済む場合があります

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます