2014年8月24日日曜日

空洞地球と地底人と宇宙人と古代文明


アメリカの元CIA職員で、ロシアに亡命したスノーデン氏が『地球のマントルに我々よりはるかに知的な生命が存在する』と語ったとされ、地殻の下層に位置するマントルにいる知的生命体、つまり地底人の存在を証言したとされて、最近になって地底人について話題になっているようです

取り上げて欲しいテーマについてのアンケートでありましたので今日は地球空洞説と地底人について書いてみます

古来より地底には地下世界が存在すると様々な神話や伝承で世界各地で言われています

ギリシャ神話の冥府・ハーデスや、日本神話でイザナミの黄泉の国、宗教でも地獄は地下の深いところに存在するとよく語られています

こうした古代の地獄と呼ばれるネガティブな世界が、地の底に存在するとする説があります

これは実際には、霊的に別次元に存在する、不調和な霊域のことをあらわしていて、この世の地下に存在するわけではありませんが、昔の人は別次元と言っても理解できませんので、地面の下にそうした世界が存在すると理解したのでしょう

このように、霊的世界のことをあらわしているので、実際に地下世界がこの世に存在するかと言うとまた別問題となります

今述べたように、霊的世界について、地下世界として表現されたのが、地底人の話のもとの一つです

別な理由として、古代において、人類が地下に都市を築いて文明を形作っていたことがあります

このブログでも過去に述べたことがありますが、日本でも地下に都市を作っていた時代があると見えます

世界的にも、カッパドキアの地下都市等があり、古代にはそうした地下生活をおこなっていた人々がいることがわかります

このように古代において存在していた地下都市の伝承が、地底人の説のもうひとつの根拠となっているでしょう

さらにもう一つあります

それは地球に飛来した宇宙人のうちの一部が、地下に居住空間をつくって、秘密基地のように存在しているということがあります

地球に飛来した宇宙人は、たえず宇宙船で生活しているのでなく、ベースキャンプを設営して地球を観測しています

そのキャンプの一つが、月面であったり、地球の地下であったりします

過去にこうした宇宙人の秘密基地に訪問された人がいて、地底人伝説が出てきたのではないかと思えます

以上見てきたように、ひとつは霊的世界の話し、二つ目は古代の地下都市の伝承、三つ目は宇宙人の秘密基地、この三つが地底人についての話の元であろうと思います

いわゆる地底に自然な空洞があって、そこで進化した高等生命が存在するということではないでしょう

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. こんにちは。
    いつも興味深いお話を聞かせてくださり有難うございます!
    一つ一つのお話を真剣に読みすっきり納得させて頂いていますよ。
    洪さんのブログで 『真理眼を養う』 ことが出来ていますね!
    ほんとに為になるブログ記事です。
    人生の難題に迷える世の為、人の為に、毎日の積み重ねの御苦労が真理の光を与えるものとなっています。
    読者の心の灯火なるブログ。

    洪さんの真摯かつ誠実な許容の深い愛がありますので、もっともっとたくさんの読者の方々からのコメントが気楽に寄せられるといいなと思っています。
    洪さんのキャパシティーは、広いんですよ~!




    返信削除
    返信
    1. 興味深かったですか
      記事が何らかの参考になればいいなと思って書いています
      多くの人の役に立つ記事がかけていけたらいいなとおもいます

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます