2014年8月22日金曜日

なぜ自殺者が出てくるのか?


メールで問い合わせのあったテーマです

人がこの世に生まれてくるときには、あらかじめ人生の困難が起こることを見越していると言われているのに、なぜ自殺者が大勢出てくるのかという質問です



人生において、大きな出来事についてはあらかじめおこる可能性があることは生まれる前に自覚していて生まれ変わってくることは事実のようです

ただし本当におこるかは、本人の選択による変化も当然あるでしょう

不幸や困難と思われる出来事に遭遇することを知っていて、それを克服できると考えて生まれていながら自殺者が出るのはどうしてか、ということですね

自殺も計画のうちなのかという疑問がでることもあるでしょう

実際には自殺は、克服できると想定していたのが、残念ながらできなかったという事態でしょう

たとえば、学校でイジメに合い、それを乗り越えて社会に出て活躍する計画を立てていたものの、実際にイジメを体験して辛すぎて自ら命を絶ってしまう方もいます

なぜそのようにあの世では克服できると思って生まれたのに、乗り越えられなかったと言うことが起こるかと言うと、

人生を長いマラソンに例えてみると、ある地点で大きな急坂があり、自分の体力では坂を乗り切るのは難しいかなと思ったとしても、それを乗り越えられれば、魂の大きな向上をなすことが出来ると考えたなら、なんとか頑張って克服するようにチャレンジして生まれ変わるということがあります

難しいとはわかっていながら、あえて魂の飛躍を望んで、限界を突破するような困難にチャレンジするために生まれ変わってくるということがあります

ですので自殺されることを計画するわけではなく、難しいと知りつつあえて難関に挑んだものの、克服することが出来なかったということです

自殺と言うのは、計画の一方的な放棄にあたるでしょう

そうした自ら命を絶った人の多くは、亡くなった場所でとどまり、自殺した時の心境のままで長くいると言われています

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 私は、過去世で自殺(もしくは自殺未遂)の罪を犯しているようで、今世でも同じような状況が現れましたが、仏神と守護霊、そして家族の愛に助けられ、何とか乗り越えることが出来ました。
    魂の兄弟にまだ成仏していない者がいたようですが、自分自身との対話の中で自ら過ちに気が付き、スーッと上に上がっていくようなイメージを感じました。
    過去世でも今世でも、多くの過ちを犯している未熟な自分ですが、その罪を大きな慈悲で赦してくださり、人生を導いてくださる仏に心から感謝をしています。
    いつか、自分の体験が他人様のお役に立てますよう、頑張って生きてまいりたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. 無事に乗り越えられてよかったです

      ご自身の体験を人々の為に役立てられたらよいですね

      削除
  2. 友人が自殺してしまって
    三年になります。
    いまだに理由がわからなくて、
    話してくれなかったことに
    水くささを感じてしまいます。
    同時に、大好きな友達なので、
    死後の世界は幸せな場所に
    いててほしいと願っています。

    けども、ネットでみると
    自殺者の多くはあまり良くない
    世界で永遠とつらい時間を
    過ごさなければならないと
    あります。今頃どうしてるんだろう
    とやりきれない気持ちでいます。

    返信削除
    返信
    1. その友人は残念でしたが、あなた自身が霊的に救済する能力が無いのであれば、あまり思いを向けるのはかえって足を引っ張る可能性もあるので去れないのがよいでしょう

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます